7/3大日岳
山の間隔が3週あいた。できれば2週以上はあけないようにしたいとは思ってはいるのだが

金曜の朝方、久々のこむらがえりにのたうちまわった。
会社帰りのストレッチ、筋トレ、エアロビックスも今週はゼロ。
「動かしてやらなければ」。

他の所も一応は考えたが、通岳の労力+ガソリン代に見合う好天の保証が欲しかった。
予報は「突っ込むには悪すぎる」。で、いつものところに落ち着く。先週、林道の下見もしたし。
 寝苦しい夜だった。今季初のエアコン稼働。
 ふと、気がつけば3時半をまわっていた。山の準備は全く何もしていない。歯だけ磨いて。
【4時過ぎ家発】
 朝と昼の分の食料調達に最寄りのセブンはめぼしい物が無くスルー。セーブオンにておにぎり4個、ミネラル、塩分補給に梅干し、小ぶりのクロワッサン6個ぐらい入って100円というのと牛乳200ml、これを朝食がわりに運転しながらもぐもぐ。
 栃ノ木清水で給水、林道状況のあやしい箇所の手前、スペースの有る所へパーク。
準備していると、ハットタイプの帽子に入れていた手袋と靴下2枚(いつも重ね履き)をまるごと忘れた来たことに気づく。車中をひっかきまわして5本指ソックスをスペアタイアの脇に発見。裸足に軽登山靴はさすがにできないと思っていたのだが、これなら「持って」くれるだろう。
 MTBに乗り登山口を目指す。トンネル出口と湯の島小屋入口の間に林道がかなり荒れている区間があり、そこは降りて通過。結局登山口までは45分を要した。

今回のルート

【登山口】6:57発。
 予報はさえないものだったはずだが、見上げると晴れそうな雰囲気。希望としてはここを4時半ぐらいに入りたかったが2時間半おしている。
 第1セクション、月心清水までの高差500m。フラットな区間も適度に混じっているが、今日は高い湿度にたっぷりとしぼられる汗、晴れそうな感じもはじめだけで「やめて帰ろう」が脳の4割ほどを占めるに至っていた。
 1時間ほどで月心清水の分岐、直後の急登はロープに頼りよじ登る。左折すると櫛が峰が。腰を下ろし、煎餅を食べる。蚋はほとんどいない。
 じょじょに予報通りの曇天に覆われてくる。花も無く、展望も無く、とりあえず足を出し続ける。ロープの下がったザレた斜面をいくつか越える。
        この後 食べる

    紅葉もきれいな ノウゴウイチゴ

【一服平】9:22〜48
 視界が効けば、早川の突き上げが見えるがちょうど雲がかかっている。おにぎりをひとつ。ここでも蚋はいない。標高的には大石山と同じぐらい。登山口の標高もこちらがずいぶん高い。
 早川の突き上げ直下はやはり垂直の雪堤が形成されたままだった。ここの為に持参した10爪クランポンとアックス。ルートは雪と薮の境目の薮にとる。4〜5mの雪面を渡る。カッティングのまねごとで足場をフラットに、越えて一息。
          イワカガミ

          サンカヨウ

        オオバキスミレ?

【早川の突き上げ】10:56
 数株有るさゆりちゃんは未だつぼみ。
          ハクサンチドリ

              アカモノ

       サラサドウダンツツジ

 (おそらく)アキアカネを一匹見る。だから蚋がいないのだろうか。
        コメバツガザクラ

【牛ヶ首】12:08
 ここから東へ巻きぎみに道がつけられている。稜線に復帰する所が急登の上、さきほどの早川の突き上げをやややさしくした状態となったいる。ここも雪の際を進む。アイゼンは要らなかった。
 惣十郎清水で融雪水を補充。小ぶりのキヌガサソウが2つ。
      シラネアオイ

          キヌガサソウ

【大日岳】1:00
登り6h

 主陵線は見えず。おにぎりをひとつ食べ下山の足を出す。
        ツマトリソウ

       ハクサンイチゲ

          ???シャクナゲ

             振り返り仰ぎ見る 大日岳

        ミヤマダイコンソウ

         ハクサンコザクラ?

          コバイケイソウ

        クチバシ?シオガマ

【牛ヶ首】1:54
 牛首山の南峰で休む。ハエをひとまわり小さくしたような蚋とも違う虫が暖かい岩の上に大量にとまっている。飛んでいるものもおびただしいほど。ヒッチコックの「鳥」を想起させる「怖さ」があった。
 さて、早川の突き上げだ。クランポンを着け、アックスも用意。垂直の雪壁を後ろ向きで下ろうかとも思ったりしたが現場を再確認して自分には無理と判断。雪の消えた草付きをくだることに。登りでとったルートより険悪な所を辿るかっこうになってしまう。緊張しながらなんとか安全地帯まで行く。

       苦労がうかがえるログ

【早川の突き上げ(直下)】3:20
    

【一服平】3:45〜4:00
 最後のおにぎりを食べる。
【月心清水】4:35
 ぐんぐん高度を下げていく。
 そろそろ足が売り切れそうだ。幹がベンチのように歪曲した木に腰掛けて、最後の休憩。今日体から放出した水分はどれほどだったろう。惣十郎清水で採った水で作ったゲータレイドも底をついた。
            アシ沢

【登山口】5:28
 MTBで林道downhill。トンネル手前でヘッデン用意、カチッカチッ?点かない。電池交換。行きと比べて照射範囲が広くなった。トンネルの中で点かなくなったらパニクっていただろう。こうもりが顔をかすめてスライド。天井からは大量の水がぼたぼたというポイントも数カ所。
 トンネルを抜ければ、車は近い。両脇の景色が流れていく。風がここちよい。
          今月31日で44歳の人

【駐車地点】6:05着 6:10発。
 猿とも熊ともヒトとも会わずじまいだった。
7:03〜32 赤湯(300円)
半露天がちょうど良い温度。ほぼ貸し切りでゆったり。
湯上がりに牛乳をぐびぐび。
家着。8:09 114.6km。
7/5記

6月第4週の同コース

7月第2週の同コース

玄関にもどる