10/2 荒沢岳
 金曜夜、入浴後少し寝て、日付が替わるころに家を出る。コンビニに寄ったりして、2:25登山口着。114.3km。星は見えない。車の中でシュラフに包まれ朝を待つ。白々としてくる頃には満車状態となる。すっぽりと雲の中。

5:58歩きだし。すぐに蛇口のついた水場。すぐに快晴エリアの高度に入る。
                  6:17

6:30前山。三角点のあるちょっとした広場になっている。少し進むと右からの道がつながり、看板もあった。
6:58 1206P。
                               7:02

7:03 「これより岩場注意」看板。
     このルートの核心部へ足を出す。

 鎖、はしご。

 とにかくスタンスを探しながら

 不用意に石を落下させないように

 握力と腕力で体を持ち上げる所も

 見ないようにしていながらも、つい視界に入る谷底。
 「降りられるのだろうか」という大きな不安が覆いかぶさろうとする。
 それを遮断し、目の前の鎖と足場に集中する。

8:02前グラ標柱。この手前で難所もピリオドを打つ。

9:21 荒沢岳山頂。5.31km。

 荒沢岳山頂から西のピークへ向けて下る。クッションがほど良い感じで効いている。飯豊の五段山への道を思い出す。人があまり入らない径に共通するかもしれない。西のピークから尾根は2つに分かれるが明瞭に刈り払いされていて、いつ尾根が派生したのかもわからずに通過するほど。
10:00 灰吹山。6.68km。

  お昼休憩 1時間(10:10〜11:10)

                  駒

12:03 荒沢岳山頂。8.05km。

12:57 前グラ標柱。9.63km。通過して、尾根がストンと落ち込む手前で休む。そして核心部へと足を出す。
 足の置き場を間違えないように、確実に一歩一歩高度を下げる。

 一カ所、ここに左足を置きたいけれど右足になってしまう、、といった所があり、悩みながらも無事に左足を置くことに成功。
 沢伝いに下降しやすい所で、近くにいた先行者がすぐミスに気づいてくれた。

1:57 「これより岩場注意」看板。10.31km。思ったより恐怖を感じること無く難所をクリアできた。
2:37 前山。12.12km。緩い斜面で足に優しい下り登山口近くの水場で洗顔しさっぱり。900mlペットボトル9割汲んでゲータレード投入、帰路運転時の水分補給用に。

3:15 登山口着。13.14km。 3:21発。
3:41〜4:13 大湯温泉ユピオ。500円。広い湯船、洗い場もゆったり。
6:06 家着。228.9km。
10/4記

玄関にもどる