10/9 宝珠山
 晴天に恵まれたなら錦繍の山並みを堪能できるであろう時期。
「晴れの特異日」10/10をはさむ3日間の予報は芳しくなかった。
 ダメもとで出かけてみたが、やはりダメだった。
2時半過ぎに目が覚める。
3:10 家発。 コンビニに2回よって
4:58 飯豊山荘着。93.0km。
5:55 自転車で出発。さほど斜度がきつくないので林道ツーリングむけのトレイルと思う。
 ひさしぶりのダイグラだ。

今回のルート
 
6:10 自転車デポ。2.13km。
6:30 吊り橋。3.20km。
 途中、崩れたのか足場や手がかりの乏しいなと感じる箇所もあった。
7:24 休み場の峰。5.95km。橋から2.75km。
 ここから仰ぎ見る宝珠山は山屋の心をとらえて離さない「カッコ良さ」を放っている。
少し進んだ所で30分ほどエナジー補充&休憩。
   8:10 黄色のトンネル

       ど ん て ん も よ う

    しかし この頃は 対岸の主稜線が見えていた

9:32 千本峰標柱。6.95km。
少し進むと岩場。後ろ向きでおそるおそる通過。ここにロープの無いのがダイグラのダイグラによるダイグラのためのトレイル(書いている本人にも意味不明)なのかもしれない。
          9:36 しだいにかすむ宝珠山

          日差し無く にぶい発色の ウニ黄葉

      それでも 遠く 重なる 山並みに なだめられ

11:00:宝珠山の肩 標柱。9.03km。

          秋田ののぞみの平 11:23  ここで引き返す 9.57km

雨具の上だけ着て下りはじめる。
 レンズに水滴がついているのを知らずに撮った

11:45 宝珠山の肩標柱。
12:40〜1:20 千本峰の岩場手前、雨の気にならない木陰でお昼休憩。
1:45 千本峰標柱。
2:20 休み場の峰。残りの梨(豊水)を食べる。
3:00 長坂清水分岐。
3:51 桧山沢吊り橋を渡り終える。
4:03 自転車デポ地点。雨の中、天狗平へダウンヒル〜♪
4:12 駐車地点着。

はじめてのダイグラ(秋)

ピストン(初夏)


【雲母温泉】
雲母と書いて「きら」と発音する。
今月号の雑誌「岳人」で紹介されていたので帰路に立ち寄った。
先客は2名居たが、料金を受け取るらしき人は居ない。
箱が置いてあり、「幼児から年寄りまで全て100円」と書いてあった。
信頼関係あってできることだろう。このご時世貴重に思えた。
深いが広くはない湯船。
シャワーの無い洗い場がひとつだけ。
先客の2名はすぐにあがっていかれたのでひとりじめ。
「普段着の」あるいは「ひなびた」という形容のマッチする居心地の良い温泉だった。
湯船につかっているとひとり入ってこられた。
お気に入りの温泉を新たに開拓でき、上機嫌で家路へと向かった。
6:38 家着。186.8km。

10/11記

玄関にもどる