10/17 えぶり差岳
初めての【秋の足の松尾根】
足の松尾根と言えば6月のハクサンイチゲ畑と、なかば思い込んでしまっていて秋には歩いたことがなかった。

山の基本である「早立ち」。それができなかった=朝、起きるのが遅れた言い訳として
予報が6〜9時がくもり、9時以降が晴れ と報じていたことがあげられる。
すなわち、ゆっくりスタートの方が晴れる確率が高そうだと頭にインプットして就寝したのであった。

結果、5:10頃起床、タッパにごはんと冷蔵庫内の適当な漬け物類を詰めて、、
5:52 家発。
 空は雲の切れ間も多く、これから晴れそうな感じではあった。
 R290からはえぶり差が確認できた。そこまで行くかは大石山に立った時に決めよう。
 胎内スキー場を過ぎ、ぶな平橋の手前辺りの路上に約30頭ほどの猿の軍団。
 徐行して通過したが、この状況で自転車でパスできるかと問われればNOと答えると思われる。
7:05 奥胎内ヒュッテ着。
 車は10数台、このうち登山者は何割か。
 キャンプ場のトイレを借り、自転車を車から下ろし、準備して、、
7:31 自転車で奥胎内ヒュッテ発。ちょっと肌寒かったので風よけに薄い上着を着てこぎだしたが、すぐに暑くなり脱ぐ。林道途中の水場によったが、細い=時間がかかるのと、たいして冷たくなかったのでスルー。

今回のルート
8:00 登山口。自転車をロックして、汗を拭い、ブナ林へ踏み入る。入口にあった棒っきれをストック代わりとする。
 急登の始まる基部のブナが何本か伐採され、「登山者の安全確保のため伐採、、」との看板。
 いつものように、はびこる根っこを手がかり、足がかりにして登る。
 短い区間ではあるが「階段の踊り場」状に比較的フラットな箇所もあるので、上がり過ぎた心拍数をクールダウンできる。
 2つの岩場のうちの1つめを松を抱きかかえるようにしてパス。
8:38 姫子の峰。登山口から1.05km。汗をぬぐい前進。
北東方向の青空と アゴク峰から鉾立峰への尾根 8:50 

 南東方向の不穏な空と 形の良い一の峰 8:55

 8:58 2つ目の岩場。急登ひといきで、、
9:08 滝見場。1.87km。930m。
         滝見場からの滝

       近くなったアゴク峰 9:19

               登路は秋色  9:23

9:34 ヒドの峰。
9:40 水場分岐。2.81km。1088m。
 ここを右折。ひと登りしてザックを下ろし休む。
          ここらで休んだ    9:50

 再び歩きだすが、どうも腿の裏(ハムストリングス)がきつくなりだしたようだ。
 10:02 ちょっとした広場(展望はない)を通過。
      イチジ峰から進行方向 ピークは大石山の西の峰

10:15 イチジ峰。3.32km。1265m。
           同じく イチジ峰から アゴク峰 10:16

 緩登だが腿裏があやしいのでペースは上げられない。
       辿ったみちを振り返る  10:39

 じわじわと西の峰に近づく。その直下でややえぐれた急登となり、、
10:45 西ノ峰。4.06km。風が強い。袖無しを羽織る。
              西ノ峰から えぶり差

        西ノ峰から 南 胎内尾根方向

10:50 大石山。4.24km。
             大石山から頼母木山方向

 稜線の紅葉には1週間から10日ほど遅かったようだ。
 あとは標高的に千島笹の占める割合が高いことから、豪華絢爛な色づきとはならないのかも知れない。
 頼母木とえぶり差の空を見比べ、比較的明るいえぶり差方面へと左折。
         秋に咲いたって イイんだよ

 11:05 大石山と鉾立峰の鞍部。
 二王子岳と同標高。ここまで下がるので鉾立峰が高くなってしまう。
 鉾立峰のジクザク登りでソロとスライド。
 「ハタノさんですか?」
 拙サイト見て下さっている、川崎のMさん。仕事でこちらへ来ているそう。
 うれしい出会いに元気をもらう。
11:24 鉾立峰。5.52km。1573m。
           鉾立峰からアゴク峰方面 歩けそうに見えるが実際は、、

 11:40 玄翁碑通過。
 小屋からソロが出てきて少し話し、山頂へ向かう。
11:50 えぶり差岳山頂。
 風、強く、ガスにおおわれている。速攻、小屋へもどる。
               ワンパターン

しーんと静まり返った小屋。

ふと、2008のほぼ同じ時期に大勢でここをにぎわせた、
あの時のみんなの声が聞こえてきそうな
そんな感覚にとらわれた気がした。
12:45 小屋発。
                  枯松峰方面

               地神山  頼母木山 方面

1:04 鉾立峰。
 鞍部を過ぎた辺りで女性ソロとスライド。ザックも小さくLight&fast style。
彼女、ある情報筋からのリークによれば「だまちゃん」らしい。
飯豊表参道、5h15’で本山小屋入りというから恐れ入る。
1:34 大石山。
 西ノ峰通過するころ、空が真っ暗になり、パラパラと降り出したので雨具の上下を着る。

 しかし、通り雨だったようでせっかく着たのに(雨具を)脱ぐ羽目になる。
2:28 水場分岐。
3:12 姫子ノ峰。
3:42 登山口。ここを起点に往復16.28km。
 マイクロバスのドライバーと少し話し、自転車でヒュッテへ。
4:05 駐車地点(奥胎内ヒュッテ脇)着。
4:12〜ヒュッテの風呂(\600) 貸し切り状態。
4:50 奥胎内ヒュッテ発。
6:10 家着。
10/27記

玄関にもどる