1/10 大蔵山
 年末年始頃から天気予報のわりにはたいした降雪もなく推移してきた感のある当地。
 しかし、この前日1/9は終日降りっぱなしだった。
 明けて、この日は「風雪強い」という予報ながらも良さそうな空が広がっていた。

 すべきことを終わらせ、8:20頃に家を出る。

 最寄りコンビニにて食料補充。店から出て車に乗ろうとした際、凍結によりスリップ、膝横を強打。痛みはともわなかったのでひとまず安心。

 きれいに除雪された農道をスピードをおさえていずみの里着。

今回のルート
ピン付き長靴、スノーシュー、Wストック 
9:25歩きだし。
 いずみの里から無雪期の駐車場へは近い、4駆が1台、見覚えのある車。
 橋をこわごわ渡り、お堂を過ぎ、短い急斜面を登りきると林道、左折数歩で階段コース取り付く。

 杉林の中、高度を稼ぐ。
 2合目過ぎあたりでもぐるようになり、スノーシュー装着。
10:47 3合目。

11:18 5合目。
 軽装のソロにトレースの礼を告げパス。ターコイズブルーとマンゴーオレンジの2人を前方に捉える。やはり車のあるじはこの2人だった。静かに近づき、「お疲れ!」。さすがのいちごちゃんも疲労の色は隠せなかった。そこから初ラッセル。スノーシューではあるが、膝下までもぐる。一歩の疲労感が今までのトレースを辿っていればよいだけのものと比べて雲泥の差だ。高度は遅々として上がらず、上昇するのは心拍数のみ。5分ともたずにあえなくギブ。いちごちゃんにトップをお願いする。2番手以降だと3分もあれば、またトップやりましょうか、ぐらいには(心肺関係が)回復する。それでまたラッセルとあいなるわけである。しかし、斜度が出てくるとスノーシューではきびしい。シャリばての兆候を感じはじめていたし、時刻も正午近かったのでコンビニの納豆巻きを食べる。なぜかとてもおいしく感じられた。その間も2人は黙々とラッセル×ラッセル。

12:50山頂。4.58km。

 山頂から下った風の影響の弱い林で残りのおにぎりをほおばる。間もなくいちごちゃん、JOさんも来て手作りおにぎりを出していた。前日の雑煮合戦の話しなどをかわし、一足先に歩きだす。

【ワカンとスノーシュー】
浮力は大差無い。
着脱はスノーシューが容易。
緩登以外はワカンが優位。
2:24 いずみの里着。8.94km。
2:45〜3:20 馬下保養センター(温泉)。
3:34 家着。21.7km。
special thanks:いちごちゃん&JOさん
1/12記

玄関にもどる