1/16 菩提寺山.高立山
 個人的空白エリア、それがこの新津丘陵の中の西山三山。ピンポイント的に護摩堂山へはあじさいを求めて行ったことはあったが、今回の二山は初。
 
 ここ2〜3日でまとまった雪が降った。
 日の出ころ、部屋の窓から外をうかがうと、細かい雪が静かに降りしきっている。これは積もる雪だ。夜もそれなりに降ったようでスノーダンプを操ることになる。気温が低いので雪も軽い。雪かきをしていると雪はやんだ。こころもち空も明るくなった(ように感じた)。

今回のルート
 四方から道が開かれているが、それなりの距離を歩きたい所存ゆえ、起点を石油の里物産館の駐車場とした。
 標高300m足らずのピークの山塊なので「西山三山」という呼称はピンとこない。「新津丘陵」が相応しい と思う。最近ではTrailRunning、里山保全のfieldとしてスポットライトがあてられつつある。
 車を停めた所から県道をもどるように歩いて行き、看板に従い山道へ入る。
 途中、石油のくみ出しに用いていたと見られる設備が点在していた。
 路傍の樹木にそれぞれの解説が書かれた説明板がそえられていた。杉と桧の幹の見た目がよく似ているというのが初めてわかった。
 約1時間で菩提寺山。小屋をのぞくが誰もいない。

 菩提寺山から高立山へ向かうルートが判然とせず行きつ戻りつする。GPS内の地図に従い斜面を無理矢理下るとトレースのある道に出て、しばらく行くと林道歩きとなった。スノーシューのトレースの上をつぼ足で辿る。その踏み跡は丸いかんじきに変わったが、そのままつぼ足で後を追った。
 高立山登山口の看板から山道になり、尾根も細くなり高度も上がって行った。菩提寺山から1時間強で高立山。小屋へ入ると皆以前会ったことのある人たちばかりだった。
 コンビニおにぎりを車の中に忘れてきたが、餅やさつまいもの蒸し焼き、炙ったするめにチョコやみかんなどなどをいただきながら様々な話しに2時間も寛ぐ。
          けなげに待つ

 帰りは大沢公園経由ルートを案内してもらった。全行程12.06km。雪道でもあり歩きごたえもあった。
行き2h20 帰り2h30。石油の里まで片道14.2km.35分。
1/17記

玄関にもどる