2/6 二王子岳
車>50>神社>110>独標>90>山頂
車<40<神社<40<独標<50<山頂 
格好:ピン付き長靴、スパッツ、Wストック、スノーシュー
 振り返れば、なんと7週間ぶりである。休日の好天。つらく厳しい1月の長い長いトンネルを抜けて、まばゆいばかりの光りに包まれに いざ行かん。

 昨晩のおかずをタッパに詰め、家から南俣の間にある唯一のコンビニで買い出し&朝食パート1。パンと缶コーヒーを摂りながら、路面凍結っぽい道を安全速度で車を走らせる。集落奥に先着の車があり、となりへ停める。まだ夜明け前、車内で朝食パート2&支度をすませるうちに明るくなる。

今回のルート
 6:29スタート。つぼ足でももぐらず快適に進む。体が暖まってきたので1枚脱ぐ。神社手前の鳥居の雪がブロック状のまま落ちていた。神社の屋根雪も全て落下していた。ここでは休まず進む。
 急登部分では、先行者の一歩が大きく、無理せずに間に蹴り込んで登る。8:27 一王子の横。
  五頭北部:金鉢山付近  一王子の少し上辺りから 8:35

                       8:43

9:07 独標。
 ここで先行2名がスノーシューを着け終え出発するところだった。その2名は山で何回か(銀太郎、飯豊、赤津などで)お会いしている蓑虫さんたちだった。こちらもスノーシュー装着。さて歩こうかという時に、今度はにゃぴさんがやってきた。あいさつし一足先に歩きだす。
 5合目独標の先に広めにならした跡があったが数名のパーティーが前日にそこでテントを設営したものと後で知る。
                    9:39

高度も上がって風も出てきた。フードをかぶってしのぐ。
 蓑虫さんたちに追いつき、先行させてもらうが目印のポールが少し離れた右隣の尾根に見え、どの辺りから移ればよいのかわからず、尾根通しに進んでしまう、標高点1202、冬期は右(南側)を巻くようだ。幸い、蓑虫さんが右下に進んで来てくれたのでコースを大きく逸れずにすんだ。
       この辺で右に下りて行くのが正解   9:47

 見慣れた油こぼしの斜面が近づく。
 始めはジグザグに登っていたがダメで、直登に。傾斜はさらに厳しくなる、するとすぐ後ろにいた蓑虫さんが右に斜上するルート取りをしつつトップで7合目ポールに至ってくれた。この日の核心部であった。  
  
10時頃 7合目。
                               先行する 蓑虫さん

     後続の にゃぴさん も近づく

  小屋      と    9合目のパンザマスト

                      10:22

                   焼峰山               高知山

               ←海           →飯豊

 山頂で3人いっしょになる。
 なんとなく天気は下り坂っぽかったことから、小屋で休んでいざ帰ろうとしたらハイ、ホワイトアウトですよ となるのが怖くてすぐに下りにかかる。

                     油こぼしを登る後続の登山者たち

 独標まで下りてコンビニおにぎりを食べる。
 するとにゃぴさんが来て、以降は南俣までつきあっていただく。
2月の二王子は初めてだったが条件に恵まれて立たせてもらうことができた。
気になるのはやはり高知山経由ルート。
中尾根は力量不足と思案している。
4:46家発
6:29スタート
7:20 神社
8:27 一王子
9:07〜13 独標
10:40 山頂
10:45 山頂発
11:35〜50 独標
12:30 神社
1:10 車着。

往復:16.34km
1:52〜2:26 うるおいの湯(400円)
2:41 家着。往復65km。
2/12記

玄関にもどる