2/20 大方山
 だいほうやま。以前から行ってみたい山のひとつだった。

 前々日の夕方時のモチは、かなり高かった。
 
 土曜の仕事を終え、憂いの種が頭の片隅にできてしまった。当然モチは下降線。夕食後、疲労からか、泥のように就寝。

 気がつくと、日付変わって1:45。頭スッキリ、この、「午前中だけでも晴れそうな休日」をみすみす見逃すのはもったいない。という思考に移行していた。

 ぬるくなってしまった風呂に長〜くつかり、昨夜のカレーの朝食。弁当男子を見倣ってタッパに詰め、家を発つ。

 阿賀町取上の気温表示は−4℃。R49から右折し、広瀬付近の数件の民家の煙突から、立ち上る薪ストーブのけむりに和みながら、起点の名古津集落着。

登り4h10 下り1h45 

今回のルート
スパッツ、ピン付き長靴、ワカン、ピッケル、アイゼン(使わず) 
 県道から雪面に上がるのに雪壁が高すぎて取り付けないことも考え、スコップを積んできたが、実際は低い所もありすんなり上がることができた。
 上がって支度すると、時計を忘れたりと、ばたばたする。歩きだすとたまにもぐるのでワカンを着ける。
 460高点とその南の329高点との鞍部を目指す、と予習してきたはずが、コンパスとGPSをチラ見して進み、杉林が終わるとかなりな急斜面がなかば立ちはだかるように現れる。ここできちんと現在地の確認を怠ったばかりに、きわどい急登を強いられることになる。急斜面では上がるより、下がる方が難しい。登るうちに下がることもままならず、なかば無理矢理押し上げられたかっこうで尾根に出る。

 尾根に出た所でGPSを見て、間違いにやっと気づく。

           550m屈曲点の大杉

                    会越国境稜線

 不意にうさぎがぴょんと飛び出し、疲れた体にひとときのやすらぎを分け与えてくれる。

正午1分前 山頂。

                                   太郎山だろうか

              五剣谷岳

                              御神楽岳

   矢筈岳             割岩(わるわ)山   灰ヶ岳          五剣谷岳

 重い雪が足にまとわりつくが、それ以上に楽しいのか ヤッホ ホットランランラン 状態になる。
 誰もいない山中に、腹の底から歌うことの気持ち良さ。脳内に快楽物質が大量発生中 といったあんばいだったかもしれない。

             間違って右にそれていく朝のトレース

往復5.18km

今回の反省 感じたことなど

          大谷沢橋からの  大方山

帰路途中、広瀬集落付近で雪いじりの人に温泉を尋ね、みかぐら荘を勧められ 向かう。
通常500円が「温泉まつり」開催中にて半額。
広くて開放感があり良かったが、シャワーがプッシュ式なのがおしまれる。
2/23記

玄関にもどる