3/13 高知山〜場割峰〜中尾根下降
世界中を震撼させた地震から28時間あまり
山へ行くそぶりを見せていると
「やめな〜」
「信じらんね」
「頭おかしいんじゃねん」
などなどの御言葉を頂戴
仰っていることが正論なので反論できない
ここは黙っておくべき

3時半頃家発。
道中一件のコンビニで買い出しと朝食、南俣集落へは5時ちょい前に着く。当然誰もいない。準備していると1台車が来て少し安心する。

今回のルート
5:30 歩きだし。
 ノントレースの林道を行く。スノーシューでくるぶし辺りまで沈む。日陰が長いだろうと思われる所では膝下まで潜った。前回、取り付きまでのアプローチに1時間半ほどかかっていたのでそれぐらいを見積もっていたがあまかった。今回も白いうさぎが現れしばしなごませてくれた。
 2時間強かかり取り付きへ。

 スノーシューからワカンにスイッチ。
8時頃、急登に取りかかろうとすると、思っても見なかった後続のソロが。「救世主あらわる」であった。MSRライトニングアッセントでがしがしラッセルしてもらい、後ろに続く。落ち着いた斜度が再び立ち上がると腰近くまで雪まみれになって、カッパの下を履くという彼の代わりにまっさらな雪面を切り開いていく。

 やがてもうひとりも後ろに続き、1時間ほどを要して675高点に出る。
       675高点から五頭北部東面を俯瞰

 675で3人とも少し休んで高知山へ向かう。200mほどの標高差をあえぎながら登り、山頂の肩(標高1000mほどの所)へ出ると展望が開けた。ここで再びスノーシューに履き替える。2人はザックを下ろし休む体制。
         高知山の肩で一休み

10:52 高知山。取り付きから2.56km、3時間弱。
       高知山から      中央 奥:蒜場

 前回歩いた時、今回のコースでも南端の1128辺りが良かったので、その手前辺りで大休止とする。
              11:22

                             11:55

12:00 1128高点。取り付きから4h、3.5km。
                          12:17

12:43 場割峰(1217)。
      12:44

                          12:49

                      12:55

                                12:56

          1:04

                                    1:04

1:09 中尾根に乗る。右、三王子経由山頂 今回はパスして初の中尾根へ。熟達者 I さん先導だからこそ下れる。ソロではけっして下らない。そしてHZUさんサイトで二王子岳投稿の常連、H さんともいっしょになる。
                         I さんとH さん

中尾根は急降下が多く、登りで使うと厳しいだろう。

林道歩きはよっぱらになる。特に帰りは。

4:40 車着。17.93km。 ほかに4〜5台の車があり、物好きな人たちだなと手前のことは忘れてそう思ったりした。
いつものように「うるおいの湯」経由 6時、無事帰宅。
3/16記

玄関にもどる