3/19 福蓮寺山〜不動堂山〜風越山
 阿賀野川をはさんで北の五頭山塊と対峙する、菅名岳をはじめとする山塊「菅名山塊」。
 麓からは、北端の鋭峰「鳴沢峰」が目立つほかは顕著なピークは見られない。
 冬期は「いずみの里」近くから大蔵山へ至るルートがポピュラー。春彼岸の今は各方面からのトレースが稜線へとのびる。

今回のルート
 先達の記録を参照、福蓮寺山から巡ることとする。不動堂集落近くに駐車、F 石材を目指し南下、目をつけていた尾根は思ったより踏まれていなかった。
             福蓮寺山への斜面

 数十m登ったら雪が出てきたのでスノーシュー着ける

 福蓮寺山からの下り、スノーシューを着けたままでは下りづらいので外す。
      早くも南側の山々が見え始める

       マンサクも青空に背伸びする

            中央:粟        右:白山

    (アップで) 堂ノ窪山      一本岳 粟

      ラジオ体操第1 先ずは背伸びの運動から

 昼過ぎまで青空が続きそうだったが10時半ころからシャッターを下ろしはじめてしまう。
 鞍部の342高点からの登りは勘違いして左により過ぎた。尾根を忠実に辿るのが効率がよい。
 不動堂山から続く尾根に出るまで、なかなか登り甲斐がある。
     ウインデイを探せ!  (不動堂山から)

  青里                                  白山

 木六山?              五剣谷                 毛石

                   中央奥の白いの=御神楽

 不動堂山から下り、風越山の尾根に乗るまでは昔の村松五泉の境界線を辿れば良さげなんだけれど、実際歩いてみるとGPS無しでは難しいと思った。
 風越山から西に延びる尾根にあがると自分と同じMSRのトレースがあった。

                東方向

 標高410m辺りの風があまり気にならない所で腹ごしらえ。
 行動中も甘いもの(バターサブレ1枚27.4kcal)と塩っぱいもの(ごませんべい2枚56kcal)、+こんにゃく畑をポケットに入れ、少しづつ食べながら歩いた。ここではプラス暖かい飲み物(クラムチャウダーbyポッカ)水筒に今朝コンビニで詰めたお湯はまだ熱い。このスープが61kcal。計算してみるとごはんやパンが無くとも700kcalほど摂れている。6〜7時間の行動であればこんな感じで十分なのかもしれない。
 
 麓に下りて柄沢集落を歩いているとトレースの主とおぼしき人とスライドする。
 アスファルトでスパイク長靴のピンが減ってしまうなぁと考えながら歩くが、砂利道より疲れやすいのかもしれない。
         不動堂集落近くのお堂

 車にもどってから手巻き納豆寿司を食べる。
 いつもの馬下保養センターは避難所となっているため温泉はおあずけ。
 3:23家着。
3/22記

玄関にもどる