4/17 灰ヶ岳
川内の山が好きだ。
しかし、オールシーズン楽しめるエリアではない。
薮、ヒル、アブ、チャドクガなど。1年の大半をそれらの王国と化しているエリアである。
そんな具合で楽しめるのは雪が残り、虫もまだ出てこない春のみ、となる。

4時、家を出る。星は見えない。道中、早出川沿いのスペースで軽く食べる。
4:55 登山口着。21.4km。すでに歩くことの出来る明るさ。

Wストック、3季用軽登山靴、アタッチメントスパイク。
持って行ったが使わなかった物はワカン、ピッケル、アイゼン(12爪)。

今回のルート
5:22 歩きだし
 半月前には背丈ほどもあったという導水橋の残雪はほとんど無くなっていて難なく渡ることができた。林道から右手の杉林へ登山道は付けられているが入口がはっきりしない。なんとなく見覚えのある沢沿いの道となり、そこを詰めて行く。無雪期には沢身より高い所に道があったようだが、残雪によって斜めに埋まっている。水量も多くはないので沢身を行く。倒木がひっかかっていたりするので、くぐったり、跨いだりと忙しい。沢から離れて少し登ると広場のような所へ出る。鉱山跡だ。
6:00 鉱山跡。

 毛石山の夏道は山稼ぎ道によくある、へつりが多く残雪期は危なくて辿るのが難しい。なるべく頂陵を歩いた。
7:07 橋立.山の神。
 毛石山直下の急登も土が露出していたし、肩の雪堤に上がる所も難なく上がれた。
                白山

8:38〜8:51 毛石山。5.25km。ヤマザキのアップルパイ(526kcal)、ごませんべいを食べて休む。

 毛石山からの下りもばっちり雪が残る。
9:34 861高点。ここから848高点辺りまではアップダウンも少ない幅広の快適な廊下となり、鼻歌も出そうな雰囲気だった。

11:13、907高点。
 灰ヶ岳の北、907高点から下って鞍部からは谷筋を詰める。すり鉢の底に至る。左が稜線上にある「東峰」右が本峰。右の斜面をキックステップで登る。直下で胸が高鳴るなんて、いつ以来だろう。すり鉢の底から「へり」まで上がったが、山頂はさらに高い所にあった。大きなブロック状の残雪があり、どこから登ろうか、ぐるっと偵察。そして山頂に立った。
11:45 灰ヶ岳山頂  10.47km。

山頂から360°動画

                 宝蔵山          白山

             浅草岳               守門岳

1:05〜1:42、799高点にて、納豆巻き、しじみスープ、コーヒーでひといき。

                       七頭    權ノ神

          遠く 飯豊が 白く 浮かぶ

   白山

3:40〜3:51.毛石山 15.95km。もちもちミルクキャラメル蒸しパン、クラムチャウダーそしてコーヒー。
 鉱山跡へは尾根通しにルートを取ったが、下部は薮が煩わしかった。
 林道へ出る手前の杉林もわかりづらく遠回りしてしまう。
6:14 車着。21.06km。
6:50 家着
 この山は残雪の状況によって大きく難易度が違ってくる。今回は最もイージーな条件だったと思う。冬期の積雪もさることながら、春先の気温の推移がポイントかもしれない。年によってはこんな好条件な日は無いという年もあるような気がする。
 
春、住んでいる辺りから南方を望む。菅名と白山の間が異様に白い。そこらが今回の毛石山、双耳峰の灰ヶ岳付近だ。これから眺める時は今までとは違った気持ちで眺めることだろう。「灰ヶ岳、いい山だったな」と。
4/19記

玄関にもどる