5/14 百字が岳
車>160>足沢山>140>太郎助山>30>百字ヶ岳 登り5h30
車<120<足沢山<140<太郎助山<50<百字ヶ岳 下り5h10
2:36 家発。
 栃尾のセブンで買い出し、朝食。道の駅「入広瀬」でトイレ、洗顔。
5:07 取り付きスペース(大雪崩沢第2スノーシェッド前)着。

今回のルート
3季用軽登山靴、Wストック、ピッケル アイゼン(10爪)使用せず 
5:30 歩きだし。
     まぶしい新緑

 只見線の鉄橋を渡り末沢川左岸へ。右の斜面へ取り付くのだけれど、心情的に早く取り付いてしまいがちになる。今回実際そうしてしまった。地図をよ〜く見て欲しい。542高点へ至る等高線は一見、同心円上に見えるが、東(542に向かって左の方)がやや緩斜面となっている。西側のログが登り時のものだが、非常に苦労した。足場がずりずりで枝をつかんでいないと落ちそう状態がかなり続いた。取り付きが顕著な尾根形状ではないため、歩く者によって様々な所を行くので踏み跡となることができないのかもしれない。

542手前で左から明瞭な踏み跡が接続。
6:04 542高点。 アキレス腱ののびる急登を経て 6:36 762高点。
              762から

 850ぐらいの小ピークにてパン2種、計380kcal+牛乳200c c補給。
7:44 930付近で右からくる尾根が接続。マーキングを施す。
      高鳴る胸とともに 足沢山への登り

8:13 足沢山。3.37km。浅井さんたちを太郎助直下雪堤上部にて確認、さすがに早い。360°の動画を撮り込む。
 
     駒                   八海山

   太郎助山             8:20

              唐松山と黒又川ダム

             太郎助山目前からの、、、

                 村杉半島

10:27 太郎助山。6.14km。 ここまで5h。
               太郎助山から

 太郎助山からは雪堤をずんずん進めた。
11:07 百字ヶ岳。7.09km。
       百字ヶ岳からはちょうど毛猛直下を行く浅井さんたちが望まれた

そのレポ
      昼のメニュー

       歩いてみたい 未丈が岳への稜線

12:20 百字ヶ岳発。

1:09 太郎助山。8.18km。
            古い標柱

     シャクナゲが咲くと絵になる構図

 2:25〜36 1190付近で休む。

  足沢山の少し上からの  太郎助山

3:36 足沢山。10.96km。

 足沢山からの下りはほど良い雪の状態でリズミカルに駆け下ることができ気持ちよかった。
 しかし思っていたより時間がかかり、腰を下ろして余っていた納豆巻きを食べ休む。
5:24 542高点。線路が見えてきて、最後は木の枝を掴みながらF i n。
5:42 車着。
周囲の歩いたことのある稜線、未だ歩いていないとんがったスカイライン、それらからの視線が実に心地良かった。
黄砂で遠望がいまいちだった にもかかわらずである。
今回の気持ち良さはハタノ山歴の中でも屈指だったかもしれない。
7:42 家着。177.4km。
5/18記

玄関にもどる