6/12 頼母木山

我 飽きもせず 毎年 せっせと 通うなり
3:46 自転車で奥胎内ヒュッテ発。
 林道脇の水場で給水。4:17登山口着、3.36km。
4:22 足ノ松尾根登山口発。

今回のルート
 御所平と名のついた丈高いブナの林立する空間ではじまるこの登路。
 行く手に斜面が立ちふさがり急登となる。その斜面を左に逸れて、足ノ松沢を渉り775を経て尾根を行くと「銀明の池」ルートがあるという。秋に行ってみたい とは思っている。
 根っこを手がかり、足がかりにしての急登を急がずこなすと幾分なだらかに感じられるセクションとなる。
 それもすぐに終わり再び傾斜が立ち上がり、ちょっとした岩場も出てくる。
5:03〜5:42 姫子の峰。
 ヤマザキのホットケーキサンド(メープル&マーガリン)、アップルパイ、牛乳 で腹ごしらえ。ソロが2人、休まずに通過、3名パーティーはザックを下ろし休憩体制、カメラとウエアの話しを少々。ここ姫子の峰のヒメサユリは?とのぞくと未だつぼみだった。

 小ピーク、岩場パート2を過ぎ、ひと登りで
6:15 滝見場、すぐに英三ノ峰。
                      右:滝沢峰  (胎内尾根)

      水バ  の 切り付け    6:30

 いつも雪の残る所は先行者のみなさんのトレースで難なく通過。
6:01 ヒドの峰。虫がうるさくなってきたので首筋の脈打つ所にハッカ油をふく。

 7:20 広場(周りの眺め無し)通過。
7:33 イチジ峰。ここから西の峰までがきつい。止まる寸前の速さで足を出し続ける。路傍には咲いてから時間が経ち過ぎた感のあるシラネアオイがちらほら。
 8:04 西ノ峰。
8:11 大石山分岐。4.32km。(登山口から)ここまで3h50。

 迷うこと無く右折。足取りも軽やかにお花畑へ緩く下って行く。

         大崩れ沢

           手前:滝沢峰     後方:赤津山

イチゲちゃんたちと戯れ、遊んでいると、、、
              スリーアミーゴス?

 御3方からハクサンコザクラ情報を得て、少し足をのばしてみる。

  鉾立峰        えぶり差岳                ミネザクラ

9:12 頼母木小屋通過。
9:31 頼母木山山頂。6.4km。
 たしか「頼母木山のこっち側」って言ったんじゃなかったっけ?と、頼母木山の「向こう」まで行ったが小桜ちゃんはいない。あきらめて頼母木小屋へときびすを返す。途中、3人とスライド。
9:50〜10:52 頼母木小屋。
 小屋のノートに「いだずら描ぎ」。中越のスーパー姉さん「だまちゃん」が先週来ていた。先週といえば未だ第2発電所までしか入れなかったろうに、天気も厳しい中、初日えぶりを踏み、門内に泊まったらしい。おそるべしである。
 ランチ後、小屋から出ると5人パーティーが地神方面から着いたところだった。
話すと新潟山岳会とのこと。YASUさんの噂はちょっと聞いていたけどお会いするのは初だった。
  YASUさんたち   (新潟山岳会)

11:15 大石山T字路通過。
 西の峰からの下降がやや落ち着く1400mあたりで30分ほど休む。
                        アゴク峰  

12:09 イチジ峰。

 1160付近の広場で20分休む。ブヨがうるさいが眠気には勝てない。あくびが止まらない。涙と鼻水の大量放出。
 下に御所平が見えてきたころ、足がもつれて冷やっとする。

2:40 登山口。13.01km。
 バイク1、自転車2。ここからヒュッテまでの壮快ダウンヒルは15分で幕。
2:55 車着。
3:07〜42 奥胎内ヒュッテの風呂。
 胎内スキー場、広域農道、熊出からR290に乗り、菅谷でジャイアントコーンを買い、ガソリン補充して、、
5:14 家着。
時間が多くかかったのは睡眠不足以外のなにものでもない。
前泊(車内)でより質の良い眠りが得られる方法を模索したいところではある。
6/14記

玄関にもどる