6/19 大朝日岳
1:10 家発。
 2:08〜33 道の駅関川にて 夜食のような朝食。
 小国町.小坂の信号左折してからが長い。林道状況は悪くなく、簡易舗装だったりするが 長かった。
3:35 登山口着。たしか107kmぐらいだったと思う。

登り:6h20(休憩含む)
下り:5h30(休憩含む)

今回のルート
4:16 歩きだし。
 すぐに荒川本流を橋で渡る。幅広(約30cm?)の板、右のみのワイヤーをつかみながら。
 渡り終えると、またすぐ沢があり(大石沢)、そこは足場用のアルミ板が架けられていた。
 なだらかな深い森を鳥のさえずりの中歩く。
 祝瓶山へのルートを右に分け、再び荒川本流を右岸へと渡り返す。その次の地形図に水線の記載がある枝沢(白布沢)は、橋は無く、やや広い。足を置く石も滑りやすくなっていてWストックを使い慎重に渡る。
 3本目の角楢橋が一番怖い。が、渡るのは2回目なので初回ほどの緊張感は無い。
           角楢橋        5:02

5:45 大玉沢出合近くで4本目の橋を渡る(4.50km)。ようやく登りとなる。
    標高900m付近から

 6:25〜約30分休む。ヤマザキ:黒糖マーガリン、フジパン:もちもちミルクキャラメル蒸しパン、それぞれ半分づつを牛乳とともに。

7:09 蛇引の清水の看板。
       袖朝日               西朝日

     祝瓶山       奥:飯豊

8:00 大玉山と平岩山の分岐。7.12km。
       今季初

8:40 平岩の清水の標柱。

9:16 平岩山。9.31km。
    チングルマ  と    西朝日             中岳

 山頂直下の急登は2段構え、立ち止まっては息を整え、また足を出す。
         袖朝日              西朝日

 左に見え続けていた 「袖〜西」の稜線との高度差も少なくなっていき、
          山頂直下から          10:24

10:33 山頂。11.42km。

月山の稜線付近には雲が  鳥海はすっぽり雲の中。
   袖朝日                  西朝日

 先客は5〜6名。

約20名ほどのツアーパーティーと入れ替わるように山頂を辞する。
11:22 山頂発。

  御影森山                       平岩山

    ハクサンイチゲは残りわずか

12:20〜36 平岩山。

             大玉山   祝瓶山  北大玉山

4:00 角楢小屋通過。

朝はさほど長いとは感じなかった「大石橋〜大玉沢出合」。帰りは長距離歩行の疲れからか、とても長かった。
大石橋を渡り終え、荒川の水でしょっぱくなった顔を洗う。
下のブナ林と山頂部には居なかった蚋、今回も数カ所の被害。
花の時期とセットなので この「かゆみ」も甘んじて受け入れることとなる。
4:47 車着。23.13km。
7時、ちょい前 家着。イエブロ(家風呂)へどぼん。この時期、晴れならば どこへ行ってもサイコーだろうが
「大朝日もいがったよ」と言わせてもらおう。
6/21記

玄関にもどる