7/2 牛首山.標柱ピーク

前口上
        林道欠損箇所=トンネルと小屋入口間

8:00 湯の島小屋入口通過。

今回のルート
8:08 登山道入口。標高約600m。
 すでにこの時刻、大日岳はありえない。花と展望に望みを抱きつつ歩を進める。
 寝不足というわけでもないのだが、湿度が高い故か一歩一歩がとても重い。
 大風で折られた枝が至る所に、取っては脇によけながら歩く。
 大量の雨によるものか落ち葉がせき止められ段々に積もっている箇所が所々。
 ごく短い区間だが、ルート上に笹が被さる所を過ぎて、
9:02 994P。
 高い湿度によるものか、非常にきつい。無理せずペースを落として進む。
9:16 月心清水分岐。3.20km。
 休まず前進。ロープの下げられた区間をそれにすがりながら登りきると前方が開けて急登からも開放される。
 眼前の水晶尾根は雲のカーテンの向こう。
 腰を下ろすのに良さげな所でザックを下ろしカロリー補給と心拍数のクールダウン。
 幸い虫の類いは気にならない。
            ずぐなし(タニウツギ)

                      オオバキスミレ?

 1460付近にロープが無いと苦労しそうな花崗岩のざれた斜面を攀じる所がある。
 基部には花も咲く時期もあるが、今日は未だ何も咲いていない。
 灌木帯の急登を抜け、
11:15 一服平。4.45km。
 時刻を記録しようとボイスレコーダーを取ろうとすると落としたことに気づく。
 さっきのロープの所で使ったのでその間になくしたのだろう。
 帰りに探すことにして、そこからは久々にノートにて記録する。ノートおじさんリターンズ。
 視界があれば展望に優れた一服平だが、今、周りはガスにおおわれている。
                シラネアオイ

                 ムシカリ

  早川の突き上げが近づく    11:25

11:50 早川の突き上げ。
 短い区間なれど、ピッケル、10爪アイゼン使用。
       ミヤマハンショウヅル

        ハクサンチドリ?

           ゴゼンタチバナ

   キバナノコマノツメ

12:46 標柱ピーク。
 コンビニの、三陸産わかめおむすび2個を永谷園しじみスープと共に。
 周りはというと、相変わらず雲がまとわりついている。
 蚋っぽい虫は岩の上に多くいるが不思議とこちらにはくっついてこなかった。
 30分ほど休んで下りに入る。
            支度中

 岩の上でスリップして臀部をしたたか打ちつける。涙が出る手前の痛さ。さすって「痛いの痛いの飛んでけ〜」。

 再びアイゼン、ピッケルで早川の突き上げ通過。1:50頃。

   滑ると 止まらねろな

  ミヤマキンポウゲ

            対岸のメインルート

2:31 一服平。7.86km。 暑い。
       一服平から 振り返る

    御西小屋       なだらかな御西岳

 登りで落としたvoiceRecorderを目を皿にして探す。
       かなりの頻度で会った メタリック君

 失せ物発見、ほっ。

3:19 月心清水分岐。9.01km。
  ごく短い区間 ちょい わかりづらい

上と同じ所を反対側から

 900m付近で幹がベンチ状になっている所でラスト休憩。

4:30 登山口。
5:26 ゲート。
5:46〜51 栃ノ木清水で歯磨き。
6:51 家着。 往復115.7km。51km/l 2.3l  141円/l 324円。
夏山は極力早立ちを心がけたい、
が、日々の生活がそれを許さない時もある。

この日の他の山行記を散見しても「蒸し暑さ」の中、歩いている。

連日の梅雨空の中、週末の好天予報、、
そう来るならば山に取り憑かれし者どもは行ってしまうのである。
不快指数が高かろうが 向かってしまうのだ。

筆者も前半は「何、こんな難儀なことして、、」と帰りたがっていた。

それが終盤には「あ〜来て良がったなぁ、やっぱ」と思うに至っている。

PS:背中にダニのみやげ有り。蚋は1カ所の被害有り。
7/7記

玄関にもどる