7/17 中ノ岳〜丹後山
例年、海の日がらみの連休ころは未だ梅雨が明けてないことが多いが、
今年は早過ぎるくらい早い梅雨明けだった。
16日未明、気がついて目覚まし時計を見るとジャスト2時。
アプローチに2.5時間、今日は無理と判断、静養につとめる。

翌、17日 気づいて時計を見る。1時ちょい過ぎ。これなら行ける。
1:36 家発。
4:03 十字峡着。128.4km。
支度をしていると不意に声をかけられる。ヒデさんだった。
4:28 歩きだし。

今回のルート
5:13〜32 1.5合目の水場。2.5+0.9+0.5リットルの水を総入れ替え。加えて0.7リットルほどのお湯を携行。
             水場

 水場分岐から岩々した所を抜けると967高点で急登は落ち着く。
6:07〜24 3合目、ザックを下ろし軽めの腹ごしらえ。日向山の建物はまだ遠く、そして高い。
7:21 5合目、日向山。3.57km。
 別名:生姜畑とも呼ばれる平坦地には今なお雪が残る。7合目の小天正(しょうてんじょう)がぴょこんと突っ立っている。
8:10 7合目、小天正。
 登路は次第にその角度を増していき、中ノ岳は大きく立ちはだかる。
8:56 9合目、池の段。
 視界が良ければ、北の又川を隔ててツンとした荒沢岳と対峙する場面、今日は幕が開かない。
 しかし、足下には高山植物の見本市状態となり中ノ岳山頂へと誘う。
      ハクサンチドリ

              タテヤマリンドウ

9:12 中ノ岳山頂。6.43km。
 先客は4名。期待した展望は得られず、すぐに池の段へときびすを返す。

         ウラジロヨウラク

9:30〜53 9合目:池の段。
 上がってきたヒデさんに励まされつつ、干支の山を目指す。

                       シラネアオイ

          この日の青空max  10:28

             イワイチョウ

           オオサクラソウ

            ミヤマキンポウゲ

 中ノ岳と小兎岳の間、前に歩いた時は、笹を漕いで膝下がびしょ濡れになっていたのが、今回はきれいに刈り払いされ快適に進むことができた。

11:10〜45 小兎岳。9.25km。
 コンビニおにぎりを2つ。
           ハクサンコザクラ

12:06 兎岳。9.87km。
 ここからとんがった中ノ岳を拝みたかった。その夢はまたしてもかなわなかった。

    ハクサンフウロ

12:34 大水上山。
12:44 利根川水源碑。

1:08 丹後山。12.38km。
1:15〜28 9合目で休む。

2:15〜39 4合目で休む。

3:40 林道。16.95km。

Rainbow Falls

4:21 車着。20.22km。
4:46〜5:11 さくり温泉。
風呂からあがって着替えていると
ヒデさんに声をかけられ、たまげる。
7:29 家着。往復253.6km。

盛夏なのでいかに早い時間に高度を稼ぐことができるか、これにつきると思う。
睡眠不足、さらに遅い時刻の出発となれば倒れに行くようなものと言って過言ではない  と思う。

当然、大量の発汗をともなうわけだから水分以外にも体に補充しながら歩かなければならない。

と言っても
筆者の場合
田上産のしょっぱい梅干し
100均の「粒塩飴+レモン」
えびせんべい
ココナッツサブレ
などと
アクエリアスビタミンガード

で 補ったに過ぎない。

水は車に着くころには、ほとんど使い切った。

当然、思惑は果たされていないので懲りずにまた来ることになる。
7/19記

玄関にもどる