9/11 大日岳
2:35 家発。
登り:6h15 下り:4h30 休憩含む

今回のルート
5:25 登山口発。
 夜半の星空はどこへやら 一面、雲に覆われてしまった。
 登山口にそれを示す看板が地面に置かれている。入口は笹がややのびた状態。
 ブナ林を突っ切って、木のはしごで高度を下げへつる。末期のツリフネソウと、のびた草をかきわけ足場を確認しながら進めば、単管製の橋。左岸に移って少し行くと急登がはじまる。
5:50〜6:15 珍しく、起きてから何にも食べてない。フジパンのマーガリン入りレーズンバターロール3個+牛乳200c c 摂取。標高は700m付近。頭上は曇天のまま。
7:10 月心清水。2.06km。
       ウメバチソウ

 なんとなく空が明るくなってきているような気がしないわけでもない。
           トリカブト

8:37 一服平。3.36km。
 虫が群れて飛んでいるので少し進んでザックを下ろし休む。
                             9:05

                           9:14

                      9:27

                        9:45

9:45 早川の突き上げ。
Mt.Eboshi-yama on my mind             9:46

  御西小屋管理人 松葉さん

10:53 牛ヶ首。5.88km。

11:40 大日岳山頂。6.80km。
 飯豊本谷対岸も見え隠れ、一定角度の長い長い尾根はおおいんの逆峰。二ツ峰も見慣れた山容とは別人のおもむき。飯豊山、草履塚方面は雲の中。そんな景色をひとりじめ、昨夜の残りのカレーがうまい。デザートの豊水(梨)もまたしかり。
12:23 山頂発。
 山頂から少し西大日岳へ進んだ所に遅くまで雪渓が残るが、そこで水が採れないものかと期待していたが、雪渓は見えなかったので行かなかった。プラティパス内の残りは1リットル以上あるので持つと予想。
 岩陵から尾根を西に逸れる所でまた滑って臀部を岩にしたたか打つ。ズボンが破けたのではと「ヒヤッ」とし、確認するがセーフだった。

12:57 牛ヶ首。少し進んで風の通る所で15分ほど休む。
 この鞍部から北峰への登り返しはいつもきつい。立ち止まり息を整えながら。

           牛首山 南峰

     大日岳の見送りをうけ

2:06 早川の突き上げ。
2:41 一服平。

3:33〜45 月心清水。給水。細めだがまぁまぁ冷たい。
 900m付近のベンチ状の幹にて15分ほど休む。
4:55 登山口着。13.67km。

林道の修復も完了。
登山道もおおむね刈り払いされている。
登山口〜月心清水間に草本類が少しかぶさる程度。
山頂標柱は従来のまま。

わかった花
ツリフネソウ、ウメバチソウ、ミヤマキンポウゲ、ヤマハハコ、シロバナニガナ、ミヤマアキノキリンソウ、センジュガンピ、ミヤマコゴメグサ、トリカブト

腿の筋肉痛を翌々日まで味わう。
7:15 家着。往復118.2km。
9/14記

玄関にもどる