10/9 大日岳
は、と気づいて 枕元の時計を見る。
3:17 
数十秒、思案 布団から抜け出すことにする。
登山口で真っ青な空にオコナイ峰と櫛ガ峰を見ながら、ヤマザキのナイススティック半分とカゴメ紫の野菜ジュースを腹におさめる。

今回のルート
6:20 歩きだし。
 ブナ林を過ぎ、気のはしごで高度を下げ、アシ沢の橋へと向かうへつりが崩壊しかけていてステップが心もとなく気をつけて通過。
 橋を渡って少しぬかるんだ道を数歩。急登がはじまるが、また河岸段丘のブナ林がある。それもすぐに終わる。そして、月心清水へ緩急おりまぜた登路を睡眠不足感はあまり無く、腹ごしらえはどのへんにしようか、などと考えながらゆく。
7:33 月心清水。 
 汗をぬぐって 前進。ロープが流してある急登を詰める。尾根にあがり右折すると視界が開ける。
  月心清水のちょい上から

 次なるポイント、一服平まではロープ頼りの急登、右:林、左:谷というシーンが交互に現れる。 シャリばて警告灯が黄色から赤に変わろうか ぐらいの腹の空き加減をだましだまし歩く。
 郡山からのソロとスライド。
     遅咲き センジュガンビ

 はじめに登山口で食べてから何も摂らずに来てしまった。足を上げるリズムもスローテンポ。高度をチェックしつつ登る。
8:33 一服平。3.33km。
 さぁ、食うぞと、ザックを下ろし、もっちり蒸しパンキャラメル味半分、ブルボンプチチーズクラッカー3分の1を缶コーヒーと共に。
 御西、本山、切合、三国の各小屋がわかる。その稜線はどれほどの人たちが歩いているのかなどと思いめぐらせる。
一服平から

8:51 一服平発。
 休憩、燃料補給完了。しかし足取りは重めのまま。

◇ ◇ ◇
               水晶尾根

これが出ると早川の突き上げは近い

  今山行のメンタル面での活力源の「牛首山西斜面の色づき」がある。先週前半に降雪があったし、すでに遅いかなぁ  
  と思いながらも半分は期待していた。その結果が、目前の早川の突き上げでわかる。
9:29 早川の突き上げ。4.29km。
  やはり紅葉は過ぎ去った後のようだ。
 期待したシーン('05 10/9)↓ 実際↑

  

 このルートで「忍耐の登り」を強いられるポイントの一つが、ここ”早川の突き上げから標柱ピーク”だ。
 左に「憧れの、しかし近づくことさえできないワレにとっての雲の上の存在」の烏帽子山に熱い視線をおくりながら、朽ちた標柱へ35分を要して辿り着く。

  そこからは南峰、北峰と小さいアップダウンですむ。
                   いつか立ちたい 櫛ガ峰

 

   なごり紅葉 ダケカンバの白い幹が良いコントラスト ズーム&トリミング

10:22 牛首山北峰。
 前川から沸き上がった雲が本山に覆い被さる。展望も幕なのかと意気消沈しつつ、鞍部の牛ヶ首へ緩降。
             しかし その雲はすぐに去っていった

10:44 牛ヶ首。6.03km。
  いよいよ終盤の登りに備えてエナジーチャージ。賞味期限切れのカロリーメイトブロックポテト味1袋摂取。口の中の水分全て持って行かれる。
 この牛ヶ首から東に巻いて、尾根にもどる所も気が抜けない。
 

 尾根に復帰して岩陵を越え、山頂との高度差も少なくなっていく。
 惣十郎清水手前

11:28 大日岳山頂。6.85km。
 登り:5h10
         主陵縦走路↑  ↓西大日岳

 登ってくる途中、御西からひっきりなしに登山者の行き交うのが見えていたが
山頂滞在時には10名弱が居た。
関西弁の数名の会話から「文平の池 」を賞賛しているらしい会話が聞き取れた。
ランチ:みそ汁 五目いなり

  梶川尾根>梅花皮泊>今(大日岳)>本山泊>ダイグラ下り という胎内のソロと話す。
 別の人に シャッターを頼むが、、
あれ? いつ撮ったの?  ↓今度は ばっちり

11:55 山頂発。
  定番アングル
 

  惣十郎清水へは斜度があるので慎重に足を運ぶ。
     岩陵を過ぎ尾根を逸れる所は登り以上に苦労する。転びそうになるし、実際臀部を強打したこともある。
12:23 牛ヶ首。
  わかっちゃいるけど、牛首山北峰まではつらい登り。もくもくと、ゆっくりと。
1:11 標柱ピーク。
  ザックを下ろし少し燃料補給。
 

 早川の突き上げ手前で12分休む。
1:46 早川の突き上げ。
この登路の秋のイメージは、早川の突き上げより上が「赤」、これから下る下は「黄」 という印象なんだけど
登りの時にはその「黄」があまり感じられなかった。
しかし、いざ下ってみると

このように、、
     やっぱり黄色だった

        奥:my hometown 方面

2:10 一服平。

      月心清水のすぐ上にて
   とっておきの梨を食す

3:13 月心清水。
4:05 登山口着。
いつも前半は「やめて帰ろう」という思考が脳内の半分を閉めていることが多い。
今回は山頂直下まで その思いが付きまとっていた。

登って、下りて 一日経過した今 思う。

やっぱり行って良かったなぁ と。
10/12記

玄関にもどる