10/29 權ノ神岳
この土日はくもり予報だったのがみるみる良くなり、3週ぶりのお山となった。
標高1000m以上では紅葉も幕だろう、ならば中腹に期待。
初夏に訪れて以来ご無沙汰だった「下田口からの粟」にする。
5:41家発。
6:40 駐車場着。
 先客は2台。支度しているともう1台が。

今回のルート
7:07 歩きだし。
 しばらくは払川左岸を高度を上げずに進む。鉄製の網の橋で右岸に渡る。
7:43 3合目。八汐尾根。

8:14 5合目。粟薬師。2.47km。

      7合目から南  浅草、守門

   9:30 午の背

9:54 粟ヶ岳山頂。5.30km。
三角点の周りに、おそらく単独行であろう男衆が5〜6名。
会話も無く、重苦しい空気を感じた。
ここよりは数メートル一本岳方向に進んで、川内の山々と対話してほしい。
筆者は立ち止まらず、北峰へ向けて進んだ。

 快適に下って
10:08 粟.北峰。6.05km。
 去年か一昨年に刈り払いされたと聞く登路はほぼ一般登山道レベル。気持ちよく高度を下げる。

 七頭の手前にて 10:30〜45

  七頭を過ぎ、權ノ神との鞍部をシバクラのクボレとか呼ぶらしいが、素直に道を辿れば良いのに少し手前に裸地化した踏み跡っぽい所を右折してしまった。進むと踏み跡も失った。しかし前方には權ノ神への登山道が目視できた。左へトラバースすれば鞍部へ出るだろうと考えた。セオリー通りに引き返すべきだった。地竹薮の海で溺れかかった。GPSが無かったらパニクってたかもしれない。何倍もの時間と労力を費やしシバクラのクボレへぽんと出た。

 急登100mあまりを休み休み登り、
11:34 權ノ神岳山頂。7.74km。

山頂からわずかに東に行ったスペースで、同じ下田から登り筆者を追い越した三条のソロが休んでいた。

11:50 權ノ神岳山頂発。
 シバクラのクボレへ急降下

 七頭の北端へ突上げるところ

         白山      權ノ神

 予想通りきびしい登り返しをゆっくりじっくり登り、
12:55 粟.北峰。9.33km。
 山頂から降りて来るひとたちと交差、トレイルラン風山ガールにパスされ、
1:12 粟ヶ岳山頂。10.05km。
大勢休んでいるが
またしてもスイートスポットな一本岳側へ数メートルの所には誰もいない
当然そこまで進んでザックを下ろす。

             御神楽        青里

1:30 粟ヶ岳山頂発。
  トレランのソロ2名と交差。
2:00 7合目。

2:20 6合目。12.29km。
  水場分岐、天狗の水場へは普通の登山道ですぐそこ。900mlペットボトルに詰め、アクエリアス投入。
   上下ジャージの好感の持てる山ガール2名

2:44 5合目。粟薬師。
  ザックを下ろし、残飯整理、(インスタント)コーヒータイム。寛いでいると、トレラン2氏が疾風の如く目の前を通過。「はえ〜」。

3:04 4合目。粟石跡。13.52km。
     樹齢400年らしい 枝ぶりの良いブナ

  幹周り3〜4mほどもありそうな大杉が数本立っている。
   猿飛の滝           3:30

   林道をもくもくと歩き、
3:52 駐車場着。15.59km。
4:21〜4:50 七谷コミュニティセンター(100円風呂)。
5:31 家着。86.7km。
数年前の秋の彼岸頃に、水源池から廃道に近い新ヶ沢道経由、權ノ神〜北峰と歩いた。

粟.北峰から權ノ神をのぞむと、かなり距離があるように見える。
実際歩くとさほど遠くはなかった。
粟オンリーでは物足りない時などちょうどいいと感じた。
この下田からの登路はやはり中腹のブナ林がセールスポイントである。
ここ目当てでも訪れる価値がある。
10/31記

玄関にもどる