11/23 粟ヶ岳
登り:3h30  下り:2h  アプローチ片道:50分35km。
冷たい雨が続くことの多くなるこの時期、稀に訪れる晴れのタイミングが休日と重なることを願うのだがそれがやってきた。
二王子か粟の選別を分布予報で検討し、こちらに決める。

ゆったりと優雅に朝食を摂り、普段出勤時刻より15分ほど早く家を出る。
6:54 家発。
食料は全てそろえてあるのでコンビニではお湯だけもらう。
7:46 第2貯水池着。35.0km。
取り付きからダム湖をはさんで対岸のスペースに駐車。駐車車両は6〜7台。

今回のルート
8:05 歩きだし。
堰堤を渡り、登山届けを書きポストに投入。帰りに靴底の泥を落とすのに都合良い水量の沢を越えて1合目看板から登りがはじまる。
Wストックはザックに付けて適度なペースを保持し続ける。
ずいぶんと平坦と感じられる区間をはさみながらなので心拍数もレッドゾーンにならずにすむ。3合目が近づくとそれなりの斜度になるので無理せず一歩一歩。

8:43 3合目。30代山ボーイズ3名休憩中。あいさつし先に進む。
雪は数センチ。青空が疲れを緩和するのか止まることなく足を出し続けられる。
9:08 大栃平。 ここでも30代っぽい山ボーイズ2名が休んでいる。

3連梯子は露出している。
鎖場、登りではさほど苦労すること無く通過。
9:40 6合目:粟庭の頭。
休みなしで歩き続けてきたがそろそろ電池がとぼってきたようだ。
しかし周りに展開する、青空とシーズンはじめの雪が織りなすアートに背中を押され小屋まで歩くことができた。
               小屋前からの飯豊連峰

10:00 ヒュッテ。カッパズボンをはき、ワカン装着。
10:20 ヒュッテ発。
ザックに付けていたWストックも出番。
手袋もそれまでの指先の無い物から、手のひら側がゴムの指先まである物にチェンジ。

トレースがあるとはいえ、今シーズン初のワカンは気持ちいい。
先行者は6〜7名。トップも北峰までは至っていないと見受けられるがどうだろう。
11:00 粟:北峰。
先行者はトップのみワカン、後続はオールつぼ足。
中峰1264を越え、2番手に着き単独ラッセルの猛者は?と見れば
山で一番多くばったり会っている秋○区のN雲さんだった。
わずかな区間トップを代わる。
ワカンでもすねまでもぐる。
おまけに重い雪。
精神的、体力的につらくて
後続のつぼ足隊になぜワカンを持ってこないのかを責める。
逆に責め返される。
それ以降またN雲さんにトップをお願いするわけだが
黙々としかし着実に山頂は近づいている。
山頂の方位盤が見えるようになり、、
11:34 粟ヶ岳山頂。4.97km。

N雲さんから山座同定のレクチャーを受ける。

川内の山々の魅力はそのV字形にするどく切れ込んだ沢の入り込んだ地形にある。
雪が着いてその壁のコントラストが増すと、よりいっそう魅力的に映る。

早出川支流仙見川源頭部と遠景に飯豊の銀屏風  これ以上 何を望む?

11:47 山頂発。
12:30〜1:37 小屋。
化○山、大根おろし、駒○山 などのワードが飛び交うマニアックワールドと化す小屋。
      ↑この方達↑は、この後、大俣道を下って行った。

小屋から出てみるとずいぶんと雲が多くなっていた。
半日でもめぐりあえた青空がありがたいものと感じずにいられない。
          橋立   宝蔵山    白山

粟庭の頭を越え、鎖場は怖かった。もっと雪が有った方がまだいい。
                              @大栃平

2:55 車着。9.90km。
3:05 第2貯水池発。
3:16〜4:00 七谷コミセン 100円風呂。

4:34 家着。69.5km。
ワカンを持って来ない者がほとんどなわけだが
多くは「こんなに雪があるとは、、」と言う。
下界の感覚をそのまま標高差1000mにも持ち込んでしまうのは
筆者も経験があるだけにわからないでもない。
そういった感覚とは別に
トレースが無ければそこで引き返せば良い。という思いを抱きつつ入山する者もいると想像する。
それに対してどうこう言うつもりはさらさらない。

ただ
「トレースのない雪面に足跡をつける悦びを未だ知らないのねボクちゃん。」
と、心で語りかけたりはするだろうが。
11/25記

玄関にもどる