11/27 粟ヶ岳
4日前に行って来たばかりなのになぜ?という問いに対する返答をするならば
「ちーけし、粟から見る川内の山々が好ぎなんさ」と、なるであろう。
6:40 家発。
快晴の朝、放射冷却。田んぼに霜が下りているのが判る。
7:40 登山口(第2貯水池)着。
8:13 歩きだし。
堰堤に向かって歩いていたら、粟さんの車とすれちがう。手を挙げあいさつ。
堰堤を対岸に渡り、1合目の看板から登りが始まる。
尾根に乗るまでは急登。2合目看板から先は斜度も無く、水はけも悪いのか泥濘化している。
次第に尾根は立ち上がり、梯子も出てくると3合目は近い。
8:48 3合目。
白山:尾根線の3合目はそこから緩やかになるが、こちらはまだまだ休ませてはくれない。
後ろから早くも粟さんが。
9:27 大栃平。
大栃平のベンチの上の雪、23日より確実に増えていた。粟さんと前方を見ると、先行者が点々と確認できた。
9:35 5合目。

3連梯子はまだ出ていた。

鎖場は登りの時は概ね雪の下だったが下山時には掘り出されていた。
デカザックの人に声をかけたら、拙サイト閲覧してくださる○さんだった。
10:00 6合目:粟庭の頭。

               粟庭の頭を振り返る

7合目:砥沢峰(小屋)まで休まずに歩くことができるのは、
そこまで上がると飯豊の銀屏風と対面できるから。一刻も早くそれを見たい、それがエネルギーとなる。
10:20〜30 7合目:小屋(砥沢峰)。
カッパズボンは履かず、ワカンを着ける。

23日よりも雲は多いが、遠望はよりクリアに。磐梯山もはっきり。

10:58 8合目。
北峰への登りはしんどい。

        11:09 七頭分岐。

        山頂  と  中峰    

山頂直下の登りもやはりしんどい。
11:29 山頂着。
    雲海に浮かぶ小島のような小ピーク群

しばらく眺めていたいけれど、冷たい風に追い立てられて、、
11:36 山頂発。

12:20〜1:20 ランチ in 小屋。
「北鎌尾根」、「下の廊下」などの未知のワードが漂う今日の小屋内部。
1:34 6合目:粟庭の頭。
鎖場と標高850m看板の所が緊張した。
1:58 大栃平。
2:15 3合目。
2:47 車着。9.71km。
山頂まで先達のトレースに助けられた。
行動時間がちょうどいいと感じた。今時分の粟は。
今回も100円風呂にどぼん。
11/28記

玄関にもどる