1/29 大蔵山
この冬は寒い。雪は平年より少ない かもしれない。気温の低さが際立っている印象だ。

先週22日は中腹に雲海をまとい遠望も効いたらしいが出かけずじまいで終わった。
いつか来るかも知れない「晴天の休日」に心肺機能および脚力がそれなりのパフォーマンスできる備えをしておかなければならない。

6時前に起き新聞を取りに外へ。夜、雪は降らなかった=除雪しなくてもOK.
朝から餅(安田餅)入りラーメン(エースコック新麺組醤油味)の朝食。
7:35発。
7:52着。
登り3h 下り1.5h

今回のルート
8:24歩きだし。 
 靴下2枚に3季用軽登山靴とスパッツ。手はカラー軍手にオーバーグローブ。もちろんWストックも。
 林道からスノーシューを着ける。先行トレースは2名か?
8:44 橋をおそるおそる渡る。 林道への急登もトレースの恩恵で難なく通過。
8:55 林道から階段へ取り付く、横向きで一歩一歩。 ここから1合目までが毎回きついと思わせる。
9:08 1合目。
9:33 3合目。
 Yさんがコースより北側数メートルでただずんでいた。あいさつし先行する。
 10分ほど進むとトップ2名に追いつきそれからはノントレースの雪面となる。
10:05 5合目。

10:56 8合目。

雪はスネぐらいなのでなんとか歩き続けることができる。

11:30 大蔵山山頂。4.40km。

11:45〜
  尾根より南東側の斜面にて初ツエルト昼食。
 あらかじめひもは付け足してあったけれど山で広げるのは初めて。
  そのひもを何カ所か木に結んで中にもぐる。
  なんとかかっこうついたと思っていたがコンロに着火したいのにライターの火花が飛ばない。
  しばらくズボンのポケットで温めて再度試したら着火できた。
  お湯も沸いて暖かいスープをつくってほっとしていたらカップをたおして半分以上こぼす。
  でもまぁツエルトのありがたみがわかっただけでもいいことにしよう。
  指先が冷えてしょうがないので食後のココアの後は鍋で雪を溶かし湯気に手をかざしたりする。
  1時間以上休んで撤収。
1:00 下りだす。

  行きの時に歩いていたら「ぐぐぐぐ」と音がして亀裂が入った

風が強く露出している頬が痛くなりつつあった。
トレースもほぼ消えかけていた。

1:44 5合目。
2:34 車着。
3:04〜44 咲花温泉.一水荘(17.2km)。
浴室の扉を開けると硫黄臭がするがすぐ気にならなくなった。
湯の色が緑、とても好みの泉質 
というか今まで入った温泉でここより良いのがちょっと思い出せない。
3:57 家着。25.7km。
1/30記

玄関にもどる