4/1 神戸山
春の兆しがなかなか体感できないまま、ずるずると4月へ。 この3ヶ月休みと天気がことごとく合わずに過ぎていった。
予報が芳しくなかったので夜更かししたりしていたが、朝になったら昼ころまで青空予報に。それならということででかける。

今回のルート
7:15家発。
 曇りがちな五頭北部に反して、白山は日差しを受け輝いている。期待も高まる。
7:47 登山口(黄金の里)着。19.4km。
数十人のひとだかりにたまげる。
準備していると以前、高立山の小屋で会ったKさんやTさんがいたので聞いてみると
白山の山開きとのこと。あとでバッチと大福2個を係の人にもらう。

Wストック、ワカン、ゲーター、3季用軽登山靴、着脱式スパイク 
8:18 歩きだし。
 はじめから着脱式スパイク装着。地面が出ている所が多い。かなりの勾配の斜面を枝をつかみながら登る。
尾根形状がはっきりしてくると幾分登りやすくなる。標高250辺りまでがんばると緩やかになる。

9:10 送電線鉄塔。 

 登り口との高度差270ほど。田村線の袴腰と神戸山との尾根はまだ遠い。

                     9:50

 580辺りでワカンを着ける。
                       10:07

 630の小ピークを越える、急登になり、、
10:18 稜線T字路。(660)2.48km。
 左折して北の神戸山へ。尾根が細めなので踏み抜きに注意しながら進む。
                 銀次郎 方面   10:19

 

                粟方面     10:30

10:43 神戸山。3.13km。
もらった大福を2つぺろり。
山座同定を試みるが毛石山と灰ヶ岳が同定できない。
その向こうの青里、矢筈はなんとなくわかる。

空は北方向から崩れているようで飯豊はおろか、二王子、五頭すらわからない。
            菅名岳

11:10 神戸山発。
 標高の高い所からガスに包まれはじめてきた。
11:29 稜線T字路。(660)通過。
 何も考えずに歩いていて、ふとGPSを見ると 684Pから尾長谷方面へ特攻(間違えに気づかず突っ込むこと)していた。このミスは以下2つを怠ったためと考えられる。
 先ほどのT字路を過ぎた辺りで地図を読んでこの先の登路の予習をしなかった。
 ピーク(684)でコンパスを出さなかった。
幸いさほど下がらなかったので大事には至らなかった。

登り返して、684へと復帰し、田村線の袴腰を目指すころから風雪が強まってきた。

加えて、右足のワカンのかかとのベルトが切れた。予備のベルトは家だ。両足ともワカンを外す。風でクラストしているのでくるぶし辺りまでしかもぐらず、つぼ足で問題無い。横殴りの風雪にフードをかぶり顔をそらして歩く。
12:22 田村線.袴腰。5.40km。
 数人のトレースがある。みんなつぼ足のようだ。風は強いまま。400を切るころから風はおさまりだした。12:51送電線鉄塔通過。ずるりとスリップして右ひじをしたたか打ちつける。1:07 慈光寺通過。
1:16 車着。7.85km。
 財政事情緊縮のため温泉はなし。
わずかでも青空の下で雪山を歩くことができ、日々暮らしていく糧を得た ような気がする。
それも家から数十分でそのフィールドがある。
当たり前のように思っているが客観的に見ていかに恵まれているか 
と感謝も忘れずにいたい。       と、少し思った。
4/2記

玄関にもどる