5/1 白鳥山
2:34 家発。
コンビニで買い出し 1時間で三条燕インター。
米山SA、蓮台寺PAで休みむ。
海谷山塊がひときわ険悪なスカイラインで異彩を放つ。
糸魚川で高速を下りる。
ピアパーク(道の駅)で海を見ながら朝食。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

今回のルート
7:30 歩きだし。
 神社から南東方向へ向かう。杉林の下は未だ残雪。沢の音がする。

 尾根末端らしき辺りでそれに乗る。ちょい薮。エゾユズリハだとわりと歩きやすい。笹も密でないし細いし距離も短い。

 斜度はそんなでもないけれどステップが後ずさりしてパワーロスする感じがしたので10爪アイゼンを着ける。(高度500m弱)

  700〜720 少々 薮っぽい そこを抜けて、、
9:40〜10:00 小休止。
  地図で核心部と思っていた急登は尾根の東側の雪をふんでじわじわ詰められた。 
  800ぐらいまで上がれば、距離はあるけれどなだらかな雪堤を進める。山頂小屋が小さく見える。  

       1000m辺り   11:00

                  ボリュームある 初雪山

11:35 白鳥山山頂。4.85km。
昨夏の朝日岳が再奥に見え、いつかつなげて歩く日は来るのだろうか  って思うよ ここに立てば。

写真を撮るのを忘れたが
青海黒姫、鉾ヶ岳
海谷の駒、鬼ヶ面、それと たぶん雨飾が3つそろってとんがっていた。
ひときわわかりやすい焼山。そこから火打、妙高。
       劔

冷蔵庫内の残りモン集結↓

  ↓白TシャツのMさんは地元(富山)の岳人。
林道分岐から坂田峠経由正規ルートの栂海新道で来られたとのこと。
時間的にずっと短時間で来ることができるらしい。
もっとも車止めの標高が390あまり、こちらの駐車地が230ほどなので当然と言えば当然ではある。

そして水原がわかるというのにはおどろいた。
山菜採りが好きというのでこちらから見ればエキスパートだ。
12:45 山頂発。

1:32 881高点通過。
        紙テープでマーキング

  600付近のピークから知らず知らずに東に逸れていた。
  そのまま戻らなければならないようなシチュエーションではなく
  わりとどこでも歩くことのできる感じで助かった。

  歩きはじめの杉林も近い350辺りでは西に大きく逸れた。
  小脇谷まで下るとまずいのが地図から読めた。
  東へ移動するのが結構苦労した。
      北村喜代松 作  :上路十二社拝殿

3:14 車着。9.95km。
  上路は、1954年青海町と合併以前は、一村一集落の小村として全国に知られ反農、半林生活の孤島的存在であった。
天嶮親不知の海岸を避けて、北陸街道はここを通った時代もあり、橋立金山の栄えた時代もあり、
宿場として資材基地として繁盛したこともあった。
引用:越後の山旅 下巻(1979版)
3:31 上路(駐車地)発。
   名立谷浜SAでちょっと休み、家までガソリンが微妙になったので米山SAで1000円分補給。
5:37 三条燕IC通過。
   通勤時間帯にジャストミートだが、イライラするような渋滞もなく流れる。  
6:36 家着。416.9km。
5/3記

玄関にもどる