6/2 雨晴(あばらせ)ブナ林
ベストシーズンであるのに どーも やる気が こう 上がってこない。

8時半に出かけるが 途中 県道9号(長岡栃尾巻線)で工事の為通行止め。迂回しているうちに遠回りしたり、
登山口手前でも行き止まりの幅広道路へ突っ込んだり ぐだぐだで登山口へ辿り着く。
支度をしていると、ミニマムサイズのザックのトレランがスタートしていった。
10:52 歩きだし。

今回のルート
数年前の5月中旬にここを歩いた時、
ストック無し、スパッツ無し、軽登山靴というかっこうで渡渉でヘタこいて腰までびっしょりになった経験をふまえ、
Wストックとスパッツで臨んだ。
 先週、山開きがあったようだが 新しい赤布がベタ打ちされていてとても助かった。
 何度とある渡渉も水量が多くなくあわてずに渡れば問題無いレベルだった。

11:36 滝の上。2.10km。
11:52 三角点。 
 ここから少しブナ林があるがすぐ終わる。ぜーぜーはーはー状態だったのでザックを下ろし腰を下ろし、扇子でぱたぱた。
12:20 〆掛小屋。
 昭和54年発行の「越後の山旅.下巻」では収容10名 とあるが、現在の小屋は1人がかろうじて横になれるか ぐらいのキャパシティーである。

 残雪を踏む所も出てくるが、前述の赤布が導いてくれる。
 〆掛小屋から15分ほど

     ケッケッケ ケキョ  調べたら ホトトギス。

1:15〜2:00   5.78km。
 雨晴清水の標柱を過ぎた辺りで今日のゴールとする。 虫も気にならないので食後シエスタ☆

ちょめちょめ山岳会(現存は不明)の長、Mさんと会う。

2:41 〆掛小屋。
2:52 三角点。
3:03 滝の上。
沢にヤマメかイワナのスピーディーな魚影。

キュロロロロロ〜  は  アカショビン この時期ならではだろうか?
3:47 登山口着。
見覚えある車は やはり ヒデさん だった。
5:44 家着。
6/3記

玄関にもどる