6/17 大日杉〜切合小屋
 
入梅したとはいえ、梅雨の初期段階において、前線から遠いここ新潟はその影響を受けにくい。

この時期、1500〜2000mクラスの飯豊朝日、越後三山方面などは残雪と新緑に色とりどりの花々という 
「魂わしづかみ」 あるいは 「ハートにずっきゅん」 な 景観がひろがり
一度でもそれに巡り会えた者であるならば、「あの素晴らしい○○をワンサゲイン」となる。

ここ数日の山にて戯れられた方々のレポも「雨降りなのに出かけてしまうスイッチ」を入れるのに十分だった。
1:48 家発。
   途中 コンビニよったりして
    3:32 小国のセブン (89km)
4:15 大日杉登山口着。116.1km。
大日杉駐車場にて ラタトゥイユ 納豆 みそ汁ほか

  窓を開けてごはんを食べているとアカショウビンのさえずり。

今回のルート
5:09 歩きだし。
  橋を渡って登山記載所にて記載、投函。
  飯豊のスタンダードしょっぱなから急登 ではなくゆるゆると高度を上げる。
  懺悔坂は岩盤に鎖が流してある。手がかり足がかりは十分。登りきると菱形看板。

5:55 長ノ助清水。
  ここをアテにして水は少ししか持ってこなかった。登山道からすぐの所にあった。給水し、6:12発。
6:19 御田。
7:10 滝切合。

7:36 地蔵岳。3.55km。
  少し先の三角点をなでる。大又沢をへだてて飯豊山が近い。
                   飯豊山

 雪によるものか ズレが起きている

  地蔵岳から下った鞍部で雪を踏む。
          ひめちゃん

               アカモノ

           鞍部は姥ノ前?

             シラネアオイ

   目洗い清水(未だ雪の下)通過。

   雨はやんだ。

   北関東からの2人

9:03 御坪。6.51km。
おこわおにぎりは高カロリー

9:33 御沢別れ
  ザックの底に沈ませておいた10爪アイゼンを上にパッキングし直す。
  ゆるゆる下って雪渓のはじまる所でアイゼン装着。ザックの横に付けていた笠(リング)を外したWストックも出番。アックス(ピッケル)は持ってこなかった。現在地と方角を確認し、歩きだす。

  県境稜線直下では数回蹴り込んで足場を作りながら。
10:15 切合小屋着。8.06km。
  誰もいない小屋内。雨具を脱ぎ、「えもんかけ」にかける。ぽたぽたと雫がしたたる。靴を脱ぎ、靴下も脱ぎ、しぼってぶらさげる。携帯( a u ) は圏外。コンロにお湯をかけひといきつく。
  日清スープヌードルあっさりシーフードは同社カップヌードルより麺少なめで40円ほど安い。みそ汁代わりなのでこれで十分。同じ価格帯でマイナーメーカーの物はやはり味が「う〜ん、、」だと感じる。おにぎりは前日のプラント(聖籠)の50円モノ。よく噛めばさすが新潟県産コシヒカリ。

11:20 切合小屋発。
  登り同様アイゼン、ストックを着け、稜線直下は後ろ向きで下る。

            ほんの一瞬でもありがたい

 ムラサキヤシオ or ユキグニミツバツツジ

3:20 車着。15.76km。
4:50〜5:20 ゆ〜む。500円也。
6:30 家着。241.3km。
【飯豊山2105mに至る登路】
 1.川入(御沢)から....最も古い登拝路。表参道。     
 2.大日杉から....中津川道。1に次ぐ歴史がある。別名:米沢道、岩倉道。米沢盆地の講中が江戸初期から伐開。
 3.飯豊温泉(小玉川、天狗平)から切歯(ダイグラ)尾根。     
    これら3つを考察。
      今回、2を切合まで歩き、感じたのは「楽(らく)」。
      しかし1でも切合までは2と同様5h。切合から三角点まで2h。計、1も2も7h。
      ダイグラも7h。
     ∴同じ7hではあるが、後日に感じる「疲れ」は異なるような気がするのは筆者のみか?

6/20記

玄関にもどる