6/24 銀山平〜灰ノ又山
2010年の秋に荒沢岳に立ち、北ノ又川を取り囲む山々に魅せられた。
秋が良かった山は山肌に雪の残るころも素晴らしかろう と出かける。
1:03 家発。
     2:05〜19 とちお道の駅。 2:38 R290R252T字路。
3:25 荒沢岳登山口着。115.9km。

今回のルート
4:16 歩きだし。
  すぐに蛇口のある水場。2.5L冷たい水を給水。
                朝 駒

       見たのはここだけ

                                荒沢岳

    日が高くなる

                              前グラ

5:50〜6:00「これより岩場.危険」看板の所で休む。
          ウゴツクバネウツギ

  怖さのあまり心拍数が上がるのがわかる。

6:55 前グラ標柱。

  ベニサラサドウダンツツジ

    ゴゼンタチバナ

              シャクナゲ

      花降岳方面

             栂桜

8:34 荒沢岳山頂。5.19km。
      秋には3hだったが今回は4h20mかかった。

             中ノ岳                駒ヶ岳

  荒沢岳からの下りはほど良いクッションが効いて心地良い。この感じは飯豊の五段山を想い起こさせる。

             ムシカリ

        ツバメオモト

     シラネアオイ

       コイワカガミ

  時おり雪を踏むが先行者のトレースのおかげでノーアイゼンで進める。
    タテヤマリンドウ

       ツマトリソウ

  灰ノ又山を登りきる燃料がつきそうなので手前で補給。

    大白桧曽(アオモリトドマツ)

10:16 灰ノ又山山頂。8.63km。

     少し遠くなった荒沢岳

       東方向(会津駒とか)

                            荒沢岳

  近来稀に見るつらさの登り返し、十歩として続かない。そんな時は休み休み行くしかない。耐えきれず荒沢岳手前の日陰で梅干しと五目いなりをチャージ。

  中と駒の鞍部越しに、八海山の八ツ峰が頭だけのぞかせている。
12:42 荒沢岳山頂。
  山頂には2名。
   北に向きをかえるまでのトラバース区間、アイボルトは打ってあるが鎖が未だ設置されてなかったりして、心臓バクバクでなんとか凌ぐ。
   ようやく北を向くとノーマルな尾根の下降となり、ホッとする。が、しかし前グラ標柱までかなり標高差がある。
   その標柱を過ぎ、すとん と落ちる手前で息を整え、デンジャラスゾーンに踏み込む。
   ボルダリングなどを嗜んでいれば「ひょひょい」と下降できるのであろうか。
   冷や汗、脂汗をかきかきなんとか通過。

2:38 「これより岩場.危険」看板。

  「これより岩場」看板から下が、思ったよりも長く感じられた。
  登山口間近の水場でヤな匂いを発していた頭、水でわしゃわしゃ。顔も塩でザラついていたのを洗ってさっぱり。
16:06 車着。17.47km。
  車のドアを開けて帰り支度している最中に足下に蚋に数カ所ヤられる。
18:38 家着。230.6km。
良き登路だった。   
6/28記

玄関にもどる