7/28 金山〜焼山
この山が登山解禁になったのは2〜3年前だと思っていた。
調べてみると平成18年、2006年と知り、過ぎ去る時のはやさを感じずにいられない。

さて
焼山へ至るにはどれを選択しよう?
杉野沢橋からは距離が短そうだが苦手とするところの「渡渉」がある。
笹倉温泉からは長い舗装路歩きがあり、行きはがまんできても帰りは発狂しかねない。
火打山からは胴抜キレット(約2030)へ大下りしてから最後に情け容赦ない登り返し。
消去法で残ったのが「金山経由」だったわけである。

ETC土日割引を適用させるべく三条燕IC手前で時間調整のための仮眠。つったって寝たのかよくわからない質のもんでして。

糸魚川で高速を下り、なんとか洞門が続く中、対向車線のトラックは幅員の狭さを考慮しないつっこみをかけてくるのを凌ぎながらのドライヴィン。

道の駅「おたり」では帰りに風呂に入れればいいなと横目で通り過ぎ
小谷温泉口で左折。高度を上げて行った。

今回のルート
4:40 歩きだし。
 今の金山登山口は妙高小谷林道上の1228高点の近くにある。
 昔(1970年代)は浅海川と松尾川の中間尾根、標高約1020mと、もっと小谷温泉に近い所だったようだ。その尾根がブナ立尾根で、今の登山道は1520mでそれに乗る。
5:24〜37 水場。1.41km。
 水場付近は広くなっている。2.5リットルのプラティパスと0.9リットルのペットボトルには粉のアクエリアスを入れる。

        キヌガサソウ

 透きとおるような サンカヨウ

           モミジカラマツ

           ミヤマキンポウゲ

 言わずにいられない ナデシコジャパン

        シナノナデシコ    6:38

          ミヤマシシウド?

    シナノキンバイ

     シナノキンバイ

      天狗原山手前のほこら

7:50 天狗原山。
    ハクサンコザクラふっとつ

8:25 金山。5.75km。
  右の裏金山谷側が切れ落ち 際を歩く感じ。草本類がかぶさり探りながら足を置く。
         ハクサンフウロ

       遠くて高い 焼山

     ウメバチソウ

  かき分けてネマガリダケ  8:53

8:55 北金山(2106高点)。6.67km。
         振り返る金山  9:00

                     ニッコウキスゲ

        金山とアズマギク

  ミヤマアキノキリンソウ

  マルバダケブキ

9:18 裏金山は北にまいて通過。
   コバイケイソウ

    オオバギボウシ?

 ミヤマコウゾリナ 見慣れたものよりデカい

裏金山と富士見峠のコル辺りから個性的な海谷山塊の面々 9:30

9:42 富士見峠。8.15km。
  依然として刈り払い前といった様相の登山道。
9:56 富士見分岐。8.54km。
    マーキングに導かれ進む

  平均年齢高めなパーティーと交差

        ヤマハハコ

  登ることができても(オレに)下ることができるのか ぐらいきわどい岩場通過。

11:03 焼山着。9.79km。
  天狗原山  金山

11:44 焼山発。
  本来ロープか鎖が垂れているのか?

  最も心拍数が上がったポイント  11:56

 難所を振り返る 要所にペンキマーク有り 12:03

    エンレイソウ

     オオサクラソウ

12:35 富士見分岐。
刈り払い前の道はこんなもん

12:47 富士見峠。

1:12 裏金山の近く通過。
1:32〜46 北金山を過ぎた木陰にて薄皮をむいてきたグレープフルーツを食べる。
               さらば 焼山  2:07

2:28〜42 金山。ザックを枕に横になる。
3:16〜26 天狗原山 近くのほこら。ここでもザックを枕にながまる。
 
  途中でもザックを枕、、をして、起きて歩きだす。
  「長い登り返しだなぁ」と確認すると逆方向を歩いているのに気づき、やり場の無い怒りにさいなまれた。

5:30 水場。
6:03 車着。20.39km。
登山口で通話可能だったので家に電話。
R148に出る手前の幅広スペースにて寝落ち。
気づくと10時半過ぎ。
以降は各駅停車の如く、ちょっと進んでは休み、をくりかえす。
 焼山は今まで登ったどの山とも似ていない、「異質な」山だった。良かったか?と訊かれたならば、親指を突き立てて「いがったわね」と答えるだろう。
8/1 記

玄関にもどる