8/16 角田山
当方、今年の盆休みは12〜16。 事前の予報もなんかパッとしないものだった。 何より「山への熱い想い」がほとんど無かった。

そんなこんなで何をしたか わからないままに4日間は過ぎて行った。 というか、この日の朝9時過ぎまでその調子だった。

しかし家にいても体をもてあますような気もするしなぁ と、部屋の天井をぼんやりながめ、、
そのまま寝落ちすることも多い。 でも今日は違った。

菅笠と水道水を入れた900mlペットボトルを入れたザックをかついでモンキーにまたがり西へ向かった。

道中、短時間ではあるが本気の雨に2度ほど遭遇。

角田山.浦浜登山口へ着いてみれば、想像以上の駐車車両の多さにちょっとたまげる。

登り2h 下り1h 

今回のルート(たぶん)
 段差の大きい階段を小刻みになるようにして登り、一個目の東屋を過ぎると傾斜も落ち着き、目当ての花も出てくる。

 合わないピント、陰る光、揺れる対象物。それらにもてあそばれるのも悪くはない。

 セールスポイントの乏しい山頂を通過。
 パノラマ広がる 観音堂へ。

このキツネノカミソリという花が咲いていなければ、ここまで足を運ぶこともなかっただろう。

体を動かし、汗をかくことによって得られる気持ち良さ。それを得られたのもまた花によるものだ。
8/17記

玄関にもどる