8/19 湯の平温泉
【要らない前置き】        

夜のコオロギや朝のヒグラシに過ぎ去って行かんとする夏をイメージさせる。もう秋ですか。と、油断させておいて「真っ赤な太陽」カンバックアゲイン。これは体に堪える。
気象庁も言っている。「屋外での運動はひかえましょう」と。その意見に全面的に賛成。
したがって19(日)に山へ出かけようとは思っていなかったし、当然準備もしていなかった。
振り返っても、そこ湯の平に出かけさせるだけの何か明確な理由など何も無かったのに。 不思議だ。

しいて言うなら

飯豊連峰の現存する登山道でまだ歩いていないトレイルが、ここ湯の平から北また岳へのオーインの尾根「大犬(おおいん)の逆峰(さかみね)」だということか。

ーーーーーーーーーーーーーーーー     

今季はじめの頃の希望的観測としては日照時間の長いハクサンオチゲの頃に辿りたかった。
懸案事項として北また川の吊り橋がある。
市役所へ訊いたところ、「今年は雪が多く消えるのも大幅に遅いため(架橋は)7月下旬〜8月に入ってから、、」との解答。 
初夏のとある日、願いは儚くも散った。

時は流れてアブラゼミと西瓜の季節。橋が架かったとの報せ。そのニュースで即「っしゃ!行こう!」となるのにはいささか暑過ぎた。

ーーーーーーーーーーーーーーーー     

ここで話しは8/18夜9時か10時にもどる。

知らぬ間に気分は山となって、、  頭の中でいろんな案が浮かぶ。

A:暑い=【登山口標高の高い所】=家からは遠くなり時間がかかる>1日しかない休みでは様々な面に於いて厳しい 依って廃案。

B:【登山口までの時間が短く、かつ、この時期でもそれなりに楽しめそうな所】
目と鼻の先の五頭エリア...個人的にセールスポイントが乏し過ぎる。
阿賀野川をはさんだ、菅名、白山、粟...もれなく山ビルパラダイス、加えて今ならアブも。
二王子...却下する理由も無いが、なんとなく今はその気分ではない。

そして 何の脈絡も無く   オーインの尾根の下見  これに決め、動き出す。
道中、関所があるため、アプローチには車ではなく原付を選択。なので家でパッキング完了してスタートとなる。
上赤谷の三叉路まではR290経由とR49経由とどちらが短時間で達することができるのか?その実証実験をすることとなる。
今回は帰宅するまでの原付のガソリンが切れそうなので24h営業のS SのあるR49を往路、帰路をR290とする。

S Sで満タンにし、阿賀の里向かいのセブンでお湯だけもらい、
五十島トンネルを抜け将軍杉方面へ左折、まっすぐ道なりに進んでぶつかったT字路が新発田津川線。ここも左。
多少のアップダウンがあるワインディングロード、新発田市エリアに入ると概ね下りとなり前述の「上赤谷三叉路」。
そこから関所までが長い(長く感じる)。  中略  登山口(掛留沢)。
しかし最終パッキングをしていると ある地点に忘れ物、また、そのポイントと現在地の間において落とし物したことが発覚。
それらの拾得へとそこまでもどる。
どちらも無事発見、しかしこれに費やした1時間は惜しかった。

今回のルート
5:36 登山口(掛留沢)発。

6:58 湯の平山荘。
 ブレックファースト イン 湯の平山荘。

7:57 湯の平山荘発。
 ここの印象は梯子&鎖が連続する超急登。であったけれど梯子は2つ、鎖も多くはなかった。
 鳥居峰の北をトラバースするところも、もっと悪いのかなぁとイメージしていたけれど歩きやすかった。日陰に入るとかなり体感的に涼しく感じた。刈り払い直後の所もあればかきわける所もある。途中ソロと交差。なぜかよく会う燕市民。上部は笹薮をかきわけだが道はわかるとのこと。盛夏の日射をプロテクトするのに菅笠が良いと思い原付の荷台にセットしたクーラーボックスにしばりつけたつもりだったが、2カ所しかしばっていなかったからか、知らないうちに飛ばされてしまった。帽子もザックに入ってなかったので手拭いを巻いて歩く。加えていつもザックに入っている筈の扇子も入ってなかった。この菅笠と扇子を欠き、睡眠も充分でないそんな状態では、この日の暑さには対応できないだろう。
               北また岳は雲の中

10:20.1074の北西1110Pで引き返す。

12:33 湯の平山荘着。 蟹湯(露天風呂)へ。

1:46 湯の平山荘発。
3:09 登山口(掛留沢)発。
4:59 家着。

さて、ここをいつごろ歩こうか。
アプローチ2h。湯の平まで1.5h。そこまでヘッドランプ?
やはり行きか帰りに湯の平で泊まらないときびしげな感じ。

と、ここまで思案して
歩き過ぎてもおもっしょねーしなー
日帰りで、歩き終えてもまだ余力が残るような そんげなガンの方が充実するぁんねーの。
例えるなら、、ダイグラだったら山頂まで行かずに宝珠山でもどる、、、みたいな。

24(土)は瓢湖の花火だすけ 登り5h下り4hほどのお山を物色中、、、。

8/22記

玄関にもどる