8/25 門内岳
丸森尾根〜梶川尾根 
まだまだ衰えを見せない残暑ではあるが、先週 『山の空気』を摂取してしまったため「気」は珍しく高かった。
(主に食べ物の)準備も終え、4時間弱寝ることができた。夜中1時過ぎに出発。

時刻にかかわらず、起きてから30分も経つと空腹を覚える。道中ラストのセブンで菓子パンを買う。

R113から玉川沿いの県道へ。天狗平へ着き仰ぎ見る夜空に期待通りの星たち。

便意に襲われるがいつもの飯豊山荘のピロテイ奥のトイレは春に雪害で損傷して修復中で使えない。
飯豊山荘の玄関はロックしてある。
お向かいの天狗平ロッジの周りをうろついていると管理人さんが気づいてくれて無事用を足すことができた。

今回のルート
4:35 歩きだし。
 照明が要らない最小限の明るさ。手も使ってゆっっくり登る。
   
  天狗平から門内へ向かおうとする場合、多くの登山者は梶川尾根を選択する。それは距離的に近いと判断してのことと思われる。しかし天狗平から扇ノ地紙までの距離は梶川尾根と丸森尾根を比べた場合ほぼ同じ。
  この2つの尾根の路面状況を吟味して、降路をどちらにするか考察しよう。丸森尾根は「ザレた」感を多くの箇所で受ける。登りではその感じは少ない。一方の梶川尾根のウイークポイントとして湯沢峰への登り返しが思い浮かぶ。これらを天秤にかけ「どちらが楽か?どちらが嫌らしいか?」早い話し、どちらも歩いてみるとわかると思う。
  筆者の答えは今回のように「丸森登りの梶川下りが楽!」である。
  背後より朝日の激励  5:27

 1時間ほど歩いて標高差500mほど稼ぐ。
 車内で500kcal以上の菓子パンは食べているのにすでに腹減りハラだ。
 フルーツ味のカロリーメイトブロック1本(100kcal)を食べる。

6:05 夫婦清水。 ぬるくはないが細い。
    朝日を浴びて...ミヤマママコナ

  さっきの残りのカロリーメイトを歩きながら食べる。
 6:50〜 2回目の休憩。野菜ジュース(マンゴーかぼちゃ味@77円、71kcal)。
 丸森峰までは樹林帯で日陰か、と想像していたが真後ろからの日射を早々に浴びながらの歩きとなる。
7:40 丸森峰。 3.90km。

   想像していたよりも風はさわやか

              きらり☆  ヨツバシオガマ

  地神北峰の直下は浮き石多く、足の置き場に慎重さを求められる。
8:30 地神北峰。
  ここに立って、新潟側の視界が効くのはかなり久しぶりのような気がする。

 希望の星:イイデリンドウ

         ミヤマアキノキリンソウ

             ハクサンフウロ

              タカネナデシコ

         ハクサントリカブト

           ミヤママツムシソウ

     ハクサンシャジン

               バックはアゴク峰

9:02 地神山。5.37km。
  地神山まで来ると、我が心の二ツ峰と門内までランデブーとなる。

  頼母木〜地神北峰を前景のえぶり差も立ち止り魅入ってしまう

     ヤマハハコ

         一定角度の梶川尾根のラスト

10:05 門内岳山頂。

  五泉(橋田)の「なんばんみそ」 
  田上の「梅干し」 
  など家で食べるにはちょっと塩辛いんじゃねーの?ぐらいが山ではマッチする。

      本山小屋まで行くそうな

  門内小屋で小1時間ほどひやすみ(昼寝)。
12:12 門内小屋発。
  遠景はすでに幕を下ろしてしまっていた。夏に終日クリアビジョンを求めるのは無理。

12:37 扇ノ地紙。8.47km。
  池塘を前景に北また岳、あるいはえぶり差岳 というポイントもあるがその遠景の山々の前に雲のベールを纏う。
1:16〜28 梶川峰。9.91km。
  笹が登路にかぶさり、朝の通過だと濡れるかもしれないが午後の今なら問題無い。

2:25 五郎清水。10.88km。
 設置されたばかりの標柱。今回は給水せずそのまま通過。
2:46 滝見場。11.06km。

3:10 湯沢峰。12.55km。
3:39 楢ノ木曲り。
  この最後の急降下を年に数回歩いておくと、他の急登と呼ばれるトレイルでもあわてずに対応できると感じる。
4:01 車着。
  飯豊山荘で汗を流し、
  小玉川の藤田商店でなめこの瓶詰めとスーパーカップ(アイスクリーム)購入。
6:45 家着。187.3km。
  下界では酷暑のこの日、飯豊の稜線の風は一歩先行く秋のそれであった。日々の暮らしではエンドレスに続くのかと錯覚しそうな残暑も、数時間の登りで季節感を先取りできる。あぁ秋はきちんとやって来てくれるんだ と思わせてくれる。来るか来ないかわからないと人はなかなか踏ん張れない。来るのがいつかわからなくてもいつか来るのがわかっていれば、とりあえず今を踏ん張れる。それは長距離走で「あの電柱までがんばろう」、という思いと同じ。その電柱はまたその次の電柱へと更新を続ける。
8/29記

玄関にもどる