10/8 大日岳
この時期2000m前後のお山の色づき加減が気になってくる。
2日間好天ならば別の気になるポイントへとも考えたが予報では体育の日のみが秋晴れのようなのでアプローチ時間の少ないいつものコースとした。
 
10/7

 11:38 家発。
     津川のとんかつ屋

    カツカレー 1150円

  1:21 津川発。
       湯の島小屋 2:58

今回のルート
3:15 歩きだし。
 担ぎ慣れていない一泊装備がずしり重い。あえぎ、休み休み進む。
 途中、K会の○○さんが前川周回(実川〜(薮)鏡山〜飯豊山〜大日岳〜実川)の帰りとのこと。
4:40 月心清水。2.01km。
地面に銀マット、テントの中にエアーマット、
シュラフカバーも持っていったが使わなかったが
朝方でも寒さは気にならなかった。

樹間から見上げる夜空に無数の星。

人の気配がしたので外へ出てみる。

御西小屋の管理を終えたkenrokuさん、、そうとう驚いて(こんな真っ暗闇「19時頃」&こんな所にまさか人が居るとは思っていない)た。ごめんちゃい。
  御西小屋管理お疲れ様


ランチが腹持ちのいいカツカレーだったので空腹感もさほどではない。

ラジオが入るので暇をもてあますこともなかった。

10/8
 5:51 歩きだし(月心清水)。
 テントはそのまま、要る物だけパッキングし、軽やかに歩きだす。

6:48 一服平。
                        近くに見える磐梯山

7:30 早川ノ突上げ。

 粟〜白山        菅名       棒掛    五頭  烏帽子山

  標柱 P の手前で20分休む。 牛首山のアップダウンで山頂方面から人が、、
  shoto by koizumiさん

積もる話しをしばしかわし「では」と互いにそれぞれの目指す方へ
       牛ヶ首から見上げる  9:10

     飯豊山      草履塚       七森     三国岳

9:48 大日岳山頂。
      牛首山方面  たなびく雲がすばらしい

   飯豊本谷対岸の主陵縦走路

山頂で居合わせた人が「最高ですね。」と声をかけてくれる。もちろん異論はない。

10:20〜11:25 文平の池。8.35km。

     そぎ落ちた牛首山東面

    大日岳への登り

12:15 大日岳山頂。
 ランチを楽しむ数名の登山者たち。
12:40 牛ヶ首。
 牛首山北P       12:55

  牛首山南P

                櫛ガ峰

1:11 標柱 P。

1:29 早川ノ突上げ。
       一服平         1:51

2:32〜3:08 幕営地(月心清水)。
  760m辺りで25分ラスト休憩。
4:19 登山口着。16.64km。
4:30 登山口発。
6:32 家着。 往復121.4km。
登山口:600m
月心清水:1120m
大日岳:2128m

高差1500mと1000m(登り返しは無視)
その違いは大きかった。
いつもは非常にきつく感じる帰りの牛首山北 Pへの登り返しがすんなり歩くことができた。

山は夕方と夜明けにその美しさが際立つ。
日帰りで十分行って帰ってくることの出来る山でも
あえて山中で泊まった方が濃い山旅を味わえると思う。
諸事情許せばテント山行も回数を重ねたい。
実際は年数回行ければ上出来だろうが。

10/9記

玄関にもどる