10/14 えぶり差岳
(権内尾根往復)
また秋晴れの日曜日になるとのこと、なので山への気持ちは高い。
しかし、いつものように寝起きでジャンプするほどの元気さは無い。
昨日の仕事がいささかハード過ぎたきらいが有る。
なんとか起きて、ゆうべのカレーを火にかける。起きがけに油っぽ過ぎやしないかとの意見もあろうが
個人的には無問題。
それにしても日の出が遅くなった。
5:18 家発。
R290を北へ、五十公野から〆切橋で再びR290、熊出から広域農道フルーツラインで胎内スキー場。黒俣、金俣、大石でダムへ。
トイレを借りる。
6:48 駐車地点着。63.6km。

今回のルート
いつも道中のコンビニでもらうお湯、コンビニ自体によるのを忘れ、さらに鍋(コッヘル)を積み忘れたのでガスとコンロは車に置いて行く。
7:05 歩きだし(東俣林道終点)。
 橋を渡って、ブナ林を抜け三吉ノ峰へと尾根伝いに行くのを見送り、際を搦んで行く。

 2つ目の橋の手前はぬかるんでいる。
 その橋を渡り、登りがはじまる。なんとか1ピッチでカモス頭へ。
              光兎   鷲ヶ巣 方面

8:33 カモス頭。
  ロールパン(@128kcal)3個、ラミー半分(238kcal)と牛乳200c c 摂取。700kcal弱も摂ったことになる。
9:19 権内ノ峰。
                 権内ノ峰より 前えぶり差岳

9:45 千本峰。4.36km。

10:35 前えぶり差岳。
           前えぶり差岳より 二王子岳

  ソロがラーメンを煮ていた。
  基本、ソロと会うと住まいを尋ねる。
  ハ「新潟のかたですか?」
   「はい。」
  ハ「新潟市内?」
   「いえ、阿賀野市ってところです。」
  ハ「え!オレも。」  以下略

山で会うのは広くなった新潟市民となぜか燕市民が多い印象。同じ阿賀野市民とはほとんど会わない。彼は足の松尾根で来て、ここ「前えぶり差」までで往路をもどるとのこと。また山頂で会うことになる。
                                    飯豊山

10:56 長者平。

11:05 えぶり差岳山頂。7.00km。

  尾瀬の燧、魚沼の三山。好展望の南に反して北はいまいち 月山、鳥海は見えず。

  飯豊の山々が重なりあって重厚感を醸し出す

    歩いた山はより想いをこめ眺める

  先客とさきほどの阿賀野市氏は7月に二王子岳で会っていて、たがいに再会をよろこびあっていた。梨をむきながらうれしそうな2人のそばでこちらも楽しくなった。
  

11:50 山頂発。
            池塘の点在する長者平

  麓から見る姿からは想像しがたい山容 前えぶり差岳

      ↑ 第2橋より東俣川 ↓

3:00 林道終点着。14.02km。
4:33〜4:55 うるおいの湯 400円
5:16 家着。 127.7km。

玄関にもどる