11/11 林道本名室谷線
時雨模様の天候が続く。この時期はこんなもんだとわかってはいる つもり。
だからこそ、たまに「ひょい」と訪れる「晴れマーク」に気持ちも高揚するというもの。
とはいえ
山に対しての気持ちは、あまり高くはない。
高くはないが 晴れるのであれば どこでもいいから歩いておきたい。

どこでもいいがそれが決まらない。決められない。そのまま就寝。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇  
朝起きて、予報ほど良くない空になおいっそう決まらない行き先。
車に乗って空の色で、、しかし良さそうな方角が ない。
R49を東進。常浪川沿いの県道を遡る。

高度を上げるにつれ片側が気持ちよく切れ落ちた道。おまけにガードレーも無く、勾配はきつく幅員は狭い。
心拍数と血圧を上げながら恐る恐る進む。

工事用の重機がありダートになる。
通り抜けはできるがこの先方向転換が出来るスペースがあるとは限らない。
「進むのはよそう」進退窮まってからではどうにもならない。
もどって幅員の広い所に駐車し地図を確認。時刻と峠まで距離を見て「今日はやめよう」と決める。

室谷にもどったのがちょうどお昼ぐらい。車内でランチを済ませる。

麒麟山

今回のルート
1:10 歩きだし。

  15分ほどで、、

   コンコン様

  山道らしくなり岩々してくる。

1:40 山頂。

   そこからはデンジャラスな岩陵渡り、足場が不安なトラバースなどを経て、、。
三角点。ほぼトンネルの真上。それからは 路面は安定してくる。
   高度を下げる区間にはトラロープ。すがって降りていたら足場がツルッと 右あばらを強打(1日経ったらほぼ痛み無し)。

2:15 車着。
1時間でも歩くとやはり気分がいいもんだ。
11/12記

玄関にもどる