11/17 貉ヶ森山
        むじながもりやま
4:57 家発。
5:28〜6:03 津川のファミマで朝食。

  室谷洞窟(冬期除雪端)と倉谷林道分岐の間は3キロ。
  路面の雪を見て未だ冬タイヤではないので前進は危険と判断。300mほどバックして標高700m付近に停める。

スパイク長靴、ワカン、Wストックは薮で煩わしいと判断,携行せず
板チョコ(371kcal)、コーンポタージュ、ビスケット
半日行程とみて、御飯類、カップラーメン、栄養補助食品のたぐいなども携行せず 

7:39 歩きだし。

今回のルート
  里から下越の山々を眺めると700m以上はごま塩、多雪地方の山はより白くなっていた。しかし実感として「こんなに多くあるとは」思っていないわけで。
  舗装路のアプローチもスパイク長靴のピンが減る心配をしてスニーカーで歩きだす。
  しかし、すぐに轍ができていて凍結もしている。早々に長靴の出番となる。
  そして、Wストックの必要性も早々に感じることとなる。  
                     白さ際立つ 飯豊

  1時間を要して先週、車を停めた所に着く。920mほど。
                   ほど近い 川内の面々も

          くま  と 思われ

   目指す頂  近くに見えるが、、

   粟      青里              五剣谷

10:35 いよいよ林道から離れる。まだ小雨パラパラだったが上下雨具を着ける。数メートル進んで今季初のワカンも。取り付きの歩きだしが正味11時というところか。
  県境尾根までは距離500mほどだろうか、1時間ほどかかってそこに至る。

   御神楽                              笠倉山

 東の会津方面が見渡せた。
 灌木帯に湿った雪が数十センチ。これまでは、あまりワカンに雪が着いて困ったことはなく、多くの人が着雪防止に絶縁テープを(ワカンに)巻いていてもマネしようとは思わなかった。今回、高下駄状態に陥って初めて見倣わなければと思った。
 やっと前衛峰に辿り着き、本峰がやけに遠く見えた。ここでやめよう、体力的にギリギリだ。という思い。もうひとつは、次、いつ来られるかわからない、今、踏まずに下りたら後悔するのは目に見えている。2つの主張の葛藤。選択はやはり後者とし、鞍部へと緩降。
1:30 貉ヶ森山山頂。8.32km。
 山頂到達のうれしさよりも一刻も早く林道に降り立ちたい願望の方が強かった。
  山頂からわずかに雲河曽根山方向に進んで、県境尾根から離れ、西方向へトラバースしていった。
  地図に表記できない小さい沢を右岸から左岸に何度も越していく。
  枝をつかみながら、随時GPSで確認。最後は強制シリセードで林道に不時着陸。きわどい下降も1時間で終わってくれた。
2:30 大久蔵沢左岸(林道に出た所)。
  そこからの林道歩きは、疲労と睡魔との道連れ行脚。途中、ザックをかついだまま腰を下ろすこと数回。最後の休憩は小雨の中ザックを枕に本気で眠りそうになるのを振り切り歩きだしたらすぐに車が見えた。林道に下りた時にGPSの電池は切れてどの辺から歩きだしたかいまいちわからなかった。
  よろよろと雨具を脱ぎ、シートに沈んだ。なんとも言えない疲労感と充足感が体を包む。
4:35 車着。
5:20〜6:03 みかぐら荘(17時以降:300円)
  湯船にず〜っと入っていたかった。

  ハンドル握りながら睡魔によってコンマ数秒意識が飛ぶ。ぞっとして我に返る。
6:50 家着。129.9km。
  ゴロゴロ野菜のあったかシチューを言いようの無い幸福感とともに戴く。
 1日経過し、ふくらはぎに筋肉痛。
 
 帰宅後、書籍「わが越後の山」の「一等三角点の山/藤島玄」の項で川内山塊の精通者、笠原藤七氏と著者ともう1名で4月初旬に歩いた記録があった。林道本名室谷線の前身となる、会津の廃村三条と室谷を結ぶ峠路は江戸時代には存在していたという。

 山頂を踏んできたのは良い選択だった。良き頂だった。
11/19記

玄関にもどる