1/5 宝珠山

 餅とのっぺを食べ、箱根駅伝を見てしまえばもう正月は結構である。
 連日、寒い日々だが降雪はさらっと降る程度。5(土)がまずまずのような週間予報。1ヶ月以上歩いていないので、ソフトな行程が望まれた。
 拙宅から最寄り登山口となる、宝珠山.赤松山口。宝珠温泉あかまつ荘から目と鼻の先。そこまで4km。長い五頭連峰が阿賀野川へ落ち込む南西端に低いながらも、その岩峰は顕著なピークとなっている。そこ宝珠山から菱ヶ岳、五頭山、松平山と続く稜線の上に「大蛇山」という山がある。あまり、目適地になることの少ない山かもしれないが、巳年な今年は注目度3割増、、かもしれない。

今回のルート
8:36 歩きだし。
 雪はうっすら、しかし田んぼの畦道を通る初っぱなからスノーシューを着ける。ワカンより重いが、トラクションがより効く感じがする。この辺は好みの問題。階段状に整備された夏道通りに行く。1名のトレースがある。

 小さい丘を1つ越え、鞍部で先行者と会いパス。もう1つの丘を越えると送電線鉄塔への急登。
9:10 鉄塔。
 五頭山麓南部林道へと下りてそれを少し左に数歩、右に登山道がある。階段状の急登。

9:45〜10:06
 プラティパスのキャップが閉まっていなくてダダ漏れしていることが発覚。ケツ、ばしゃばしゃ。

11:38 ヤタガラ山。

 鞍部でスノーシューからワカンに変える。その間に先行者にパスされる。
             山頂直下

12:08 宝珠山。3.56km。
 先行者に住まいを尋ねる。西区だとおっしゃる。「巳年なので大蛇山まで行ってみます。」と告げ鞍部への足を出す。

1:58 前進停止。

5:05 車着。9.34km。
 歩いていると息があがる。立ち止って休んでいると指先から冷えてくる。息があがらない程度の速さを見つけてそのペースを維持するようにこころがける。
 5年ほど前にHZU師匠から「吐く息を意識的に声を出しながら吐き切る」術(すべ)を学んだ。かのロングブレスダイエットと共通する所が多いのではと思う。
 加齢するのは防ぎようの無いこと。弱まっていくなかで、どのように歩いて、どんなかっこう(ウエアリング)をして、どんなタイミングでカロリー補給すると効率がいいのか考えていこう。
 そして今年掲げるのは「ローコスト山歩き」。現状がそうせざるをえないから必然的に「そう」いった方向にもっていきたい。すなわち、金をかけずにより良き充実感を山から享受しようという腹づもりだ。
 
 初山歩きは当初のゴールまでは遠かったが、なぜか後味の良いものになった。
1/9記

玄関にもどる