2/3 風越山
1月も終わろうという31(木)、そして翌2/1(金)。この両日とも素晴らしい青空に映える雪山をみせつけてくれた。
そうなると山へ山へと草木もなびく ってなものである。
先回、宝珠山の時にプラティパスが漏れていてうんぬん  だったが
今回いざ、歩きだそうとした時も漏れに気づく。キャップの閉めがあまかったわけではない。
家に別のプラティパスがあるので取り替えに戻った。

今回のルート
9:43 歩きだし。
 先行者が1人いるようだ、同じMSRの跡だ。送電線鉄塔目がけて杉林を進む。その鉄塔までは距離は長いが林道を使うルートの方が楽。
 歩きだしの辺りではそこそこ積雪があったが風の通り道なのか地肌の出ている所も出てきた。
 無雪期の登りでは標高差100mを10分で、というのが大まかな目安なんだけれど、この風越山西尾根の前半は地図で見るよりもはかどらない。それは1ヶ月ぶりの歩きだからというのも大いに関係しているかもしれない。
 登山口へ向かう道中ラジオで「新潟市中央区晴れてきました」と聞いて、曇り予報とは言っても以外と展望得られるのでは、という期待を胸に歩くがいっこうに良くなる兆しがない。
 先行者がはやくも降りてきた。なんと蓑虫さんだった。氏との山でのばったり率はとても高い。それも渋めの所が多い傾向。上の様子などうかがい、ではと交差。

12:12〜15 風越山。

1:43 P着。7.99km。
馬下で汗を流し帰宅。
その後、散髪。
「こんげにさーめでがに、もっとさーめとご よーいぐなー」って言われても
「かえって(山に)いがね方がぐあいわーりなる。ハァハァいっている時だってきもぢいいんだでば。」
って言ったって いまいち伝わらない。

 この時期、銀座通りの五頭.三ノ峰コース、いずみの里〜大蔵 といったコースには足が向かない。踏み固められた径には旨味を感じられない。
 それらのコースでも新雪数十センチとかなら話しは別。

 今回も歩いていると心か気持ちかわからないが満ちてくるのを感じられた。

玄関にもどる