2/17 大蛇山
6:46 家発。
  コンビニでお湯補給。6:55発。
7:05 駐車地(丸山集落先下山林道起点.除雪端)着。5.4km。
3季用皮製軽登山靴、スパッツ、Wストック、スノーシュー、ワカン  

今回のルート
7:35 歩きだし。
 数日前の予報天気図では日本の中心付近に高気圧が来て、等圧線も広がるとのこと。しかし、新潟の冬なので過剰な期待はせずにいた。
 当日の予報は曇り、ま、降ったり、風が強くならなければもうけもの、、ぐらいの気持ちでいた。
 スタート時からスノーシュー。期待させる青空も所々。朝のうちだけ晴れる「朝てっかり」だろうと、晴れを素直に受け入れられない歪んだ気持ちと共に歩く。
 
月曜に下見したトレース。あれからほとんど降雪は無かった。

 今回辿るコースは登山道のあるコース。数年前の6月に歩いたこともある。その時の記憶が「林道終点まで行って少し歩いて階段状に整備された道で高度を上げる。」だったので左斜面を気にしながらもひたすら沢沿いに高度を上げていった。

 やや険しくなるが雪のためであってまだ林道終点ではない、と判断してGPSも地図も出さなかった。躊躇するような場面に相対し、やっと現地確認する。だいぶ進み過ぎたようだ。ミスが判ってもさほど落胆せずに済んだのは、所々でも青空がのぞまれたからであろう。

 来た道をもどる。取り付くべき所を注視しながら歩く。そして現在位置確認。今度は下がり過ぎた。

 同じ所を3回歩く。やっと取り付くべき所が判る。
10:11 沢を渡らなければならないのだが雪でほぼつながっている状態だった。
 地図でこの等高線の混み具合だとスノーシューではきびしい、と判断しワカンも携えてきた。ここでワカンにスイッチする。
 急登、急下降ではワカンの得意とするところ、あわてず呼吸を整えながらゆっくりと傾斜の緩む地点まで苦もなく登ることができた。

10:47 急登箇所を越えた所で再びスノーシューの登板。

1:23 大蛇山山頂。7.40km。

ピッケル地蔵は雪の下 目印のスコップ

2:23〜32 スノーシューからワカンへ換える。以後、車までワカン。
2:40 渡渉点。9.40km。
3:31 駐車地着。12.11km。
 :41  〃 発。
500円出して入るほどの風呂ではないと個人的に思っているので某温泉は素通り。 
3:53 家着。
ここの「売り」は「静か」、「ブナ林」、であろうか。 
春先、雪がぐさぐさの時にはためらわれるコースかもしれない。 
2/20記

玄関にもどる