3/17
2〜3日前までは、この日浅草岳へと考えていた。白い浅草岳は未だ歩いたことがなかったが素晴らしさは伝え聞いている。

なのになぜか心変わりし、早出川右岸方面への高まる想い。
仕事を終え帰宅の土曜夕方、「彼岸なので家に居なきゃだよ」 と、ぶっとい釘を打たれる。
ほとけさま が居るから来客に備えなければならない。 
それはわかっているけれど。この時期にしか歩くことの出来ない尾根をつたって春の山を感じたい それもわかってほしい 
などと言えるはずもなく悶々として就寝。
4:24 家発。
4:52〜5:19 ファミマ@津川で朝食。
  無料の休憩スペースがありがたい。
5:43 室谷除雪端。49.5km。
準備していると、散歩の地元のかたに「今はぬからないけど、気温上がるみたいだから雪崩に気をつけて」とアドバイスをうける。 

6:16 歩きだし。

今回のルート

                           駒形山?

残雪期に辿る尾根は急でもダメだが細くてもダメ。
それは現地に行ってみないとわからない部分が多い。
基本 危なそうな場面では突っ込まない。
ひとつのコースでもそこを辿れる期間というのは極々短いように感じる。
9:06 車着。3.50km。

   烏帽子山                   大日岳

      鍋倉山                  日本平山

                    Mt.マンダロク

10:24 家着。
何かお咎めでもあるかとびくびくしていたが  その類いのものは無くほっとする。 

午後は自転車を2時間ほど。
  郷屋の水芭蕉公園はやっと咲きはじめたばかり

短時間でも「春の朝の山の息吹」を感じることができ All right だ。 
3/18記

玄関にもどる