3/20 浅草岳
4:01 家発。
  数百m車を走らせたところで忘れ物に気づきUターン、5分ロス。
 五泉のセーブオンで半額の菓子パン2つ(計900kcal弱)+缶コーヒー。
 それらを摂りながら南進。道の駅とちお290で顔を洗う。
5:54 除雪端(ホテル大自然館前)着。
 どこから取り付くのか辺りを見回してもわからない。先行スキーソロに伺おうとしたら早々と出立。準備していると中越の岳友見参。数年ぶりなのに変わらぬ風貌。取り付きを訊くもいまいちはてな。別の新潟ナンバーの人に訊いてようやく合点。
      小千谷のテレ屋さん

今回のルート
Wストック、ワカン 10爪アイゼンとピッケルは使用せず。
 どちらかというとワカンよりスノーシューの方がこの日のコンディションには合っていたかもしれない。
6:34 歩きだし。
 道路をそのまま奥に進む。白崩沢に架かる橋の手前から右に入る。
 少し前のトレースがわかる。
 その上をなぞって行けばつぼ足でOK。

 ちょっと「ぬかる」ようになりワカンを着ける。
 取り付きを尋ねた男女2名にパスされる。この2名が速かった。
     とても速い2人

            守門              黒姫

          桧にみとれる

 晴れではあるが黄砂のため遠望は効かない。

      青里から矢筈のライン

 時おり風がうなりをあげるが、フードをかぶって凌ぐ。

9:38 カヘヨのボッチ。5.35km。

10:02 前岳。5.93km。
10:14 浅草岳山頂。6.45km。
 風は思っていたより強くない。
 パスしていった2名は不在。どちらへ向かったのだろう?

  烏帽子山

    幅広の緩やかなスロープ:早坂尾根

10:37 前岳。

 テレなM氏らと交差。

11:00 カヘヨのボッチ。

12:35 車着。12.75km。
2:37 家着。
越後の山旅.下巻でこの山を紹介する著者の筆致にほかの山よりいくらか強い思い入れを感じるのは筆者のみだろうか。

入叶津ルートのブナ林、初夏の新緑と花々、そして今回の白い浅草岳。
今、思う。この山は会越国境屈指の名山である。
3/22記

玄関にもどる