4/14 タカマタギ
 新潟は広い。しかも良き山々がここにもそこにもある。
 山をかじりはじめた10数年前、シャクナゲのころに平標山を歩いたことがあった。
 それ以来の訪問となる、このエリア。
 
なぜこのエリアに今まで足を踏み入れていなかったか?
それは、1度でも歩けば、おそらく心奪われてしまうだろう。
そうしたらあしげく通ってしまう恐れがある。
ガソリン代の占める割合が高騰するやもしれない。
と、いった事案が発生すると危惧されたからである。

  前日にたっぷりと惰眠を貪った。
 日付が替わって間もなく家を発つ。とちお道の駅、小出のコンビニで休憩。湯沢を前にして、日の出が早くなったと実感する。

今回のルート
5:30 歩きだし。

 二居集落の北端辺りのスペースに駐車。10名ほどのパーティーが歩きださんとするのに会う。ここに水準点832.3がある。お宮様のような所に旧道登り口、、のような標柱。ショートカットできそうな所は枝をつかんで這い上がったりしながら。東屋があってそこが峠らしかった。
 1020ほどの標高ではあるものの、西向きの尾根であるため雪融けが早い。密ではない笹薮をかきわけて進む。

  送電線鉄塔巡視路なのか?

  鉄塔で先行パーティーをパス  6:34

          苗場山  6:45

7:30 東谷山。

8:30〜40 日白山。

 北へ向かう。
      10数名パーティーと交差

9:16 タカマタギ。6.97km。

タカマタギから360°パノラマ 
 

     万太郎                        仙ノ倉

9:31 タカマタギ発。

10:36 日白山。8.79km。
10:48〜11:34 日白山と二居俣ノ頭のコル。9.55km。 ここで大休止。



1:16 車着。13.65km。

尾根とはいえ、この時期の1000m以上において雪が消えているとは思ってもみなかった。
仙ノ倉から北方向の山々と正対したなら そこを歩きたくなるのは必然。
ちょくちょくは来ることは難しいが長いスパンで少しづつでも歩ければと思う。
  日白山からはとても近くに見えた平標山。しかし地図で確認したらかなりな距離だ。しかし次にこのエリアを歩くなら、大休止したコルと平標山の尾根を第1希望としたい。エリアトップの仙ノ倉に立つと、また新たな「歩きたい尾根」が見えてくるのではと考えている。
4/17記

玄関にもどる