5/18 駒の湯から駒


連休ころの越後の山々は素晴らしい。それは誰もが認めるであろうし、もちろん否定しない。
その旬なシーズン、好天続きの数日 布団の中でくだらないテレビを見て過ごしていたのは私。
山な気分でないのなら、せめて自転車でも それすらしなかった。
しかし悔いたりはしない。

そんな精神状態から脱却させてくれたのは幾多の山報告だった。

こうして1ヶ月ぶりに山日記を更新できたのは、それらがあったからこそ。ありがとう。
これからも私を刺激続けていただけたらうれしい。

 駒は日向倉山や荒沢岳、阿寺山といった頂から眺めた時、いずれもそこに行きたくなるものだった。

シルバーライン開通以降、いつ突っ込むか気にはかけていた。
そしてこの日、桑ノ木山とどっちにするか迷っていた。
後者は取り付きの階段が怖かったし、それを越えての岩とか薮とかも躊躇する材料となり 
銀山平からの駒に決まった。
 
シルバーラインの開く時刻に合わせて家発。
いつもR290とちお(道の駅)の前で、トイレに行きたくなるけれど それが無く前進を続けた。

  駒                    中   5:30

小出の手前でもよおしてきて限界ギリギリ、深雪の里まで持つかどうか危ぶまれたその時
セブンが見え駆け込む、この時トイレの空きがなかったらおそらくアウトであっただろう。
幸い使うことができて助かった。
終えて、顔を洗い、雑誌コーナーの前で顔を拭いていたら声をかけられ驚く。

Yさんで、駒の湯から行くがどうか?と訊かれ、願っても無い機会なので便乗させてもらう。

ユピオでKさんと合流。ハタノ車で駒の湯へ。

今回のルート
6:30 歩きだし。

  370標高。 吊り橋で始まる。水量豊富な下は見ると怖いほど。ちょうどいいあんばいの傾斜。
         桧    から    毛猛

7:43  916高点。
          癒しの景観

8:02 1026高点。
  左下のブナ林を見下ろしながら小用を足していると、カモシカが駆けていった。

  真南だった進行方向がだんだん西へ向くにしたがい急登になる。
8:43 約1270の尾根が合流する所。
    ここが下りでターニングポイントとなる。
9:03 小倉山。4.04km。
  のしかかるように圧倒的な東面

  前駒の登りで(自分の)電池がとぼりはじめる、、。立ち止る回数が多くなる。
10:15 前駒。

   クラックをのぞきこむと怖いほど深い

10:45 小屋。
  標識竿ひとつ分進んでは息を整える。
11:07 山頂着。6.90km。

360°パノラマ  
       入道岳      八ツ峰

  春山の醍醐味を全て網羅した感動がそこにはあった。 
  既に踏んだ頂。恋いこがれながらも未だ訪れることの出来ていない頂。
  それらをつなぐ尾根。いずれをも 「いつかは」と思わせるのにじゅうぶんな魅力を発していた。

         まっきー(巻機山)

               飯豊 遠望

  
名残惜しいが、小屋へと下る。
  小屋の水は未だ出ていなかった。
  管理人さんに断って、ラーメン一杯分の水を頂戴する。
  Yさん、Kさんとヤマバナ(山の話し)に花を咲かせる。
12:00 小屋発下山。
   荒沢岳

   平均年齢35才  フロム TOKIO

 小倉山。

寄り道 迷い道 オプショナルトレイル
 小倉山から無意識に下降すると、今回のようにまっすぐ尾根伝いに行きがち。
GPS、または高度計で注意しながら右(東)へそれるのが本来の行動。
                 来季はあいさつに行けるだろうか 毛猛エリア

↑ 起着点の吊り橋からの道行沢 ↓

2:51 車着。14.36km。
  3:10〜45 ユピオ。
5:47 家着。

記憶に残る 良き 山行 Yさん、Kさん ありがとうございました。
6/12加筆

玄関にもどる