6/9 足の松尾根で門内岳
 金曜日、胎内市役所へ奥胎内へのアクセス道路の状況を訊く、曰く、「風倉トンネルでクローズド」。とのこと。
 そこからは終点までは距離もあるが、急勾配の登りとなり、自転車では厳しいものがある。
しかし、問い合わせた時点では「よっしゃ!山行くぞ!」という気はごくごく小さなものだった。
それが出かける気に至ったのは6/9の日記参照。

準備していなかったのでパッキングに時間を費やす。
車だと途中の関所を越えられないので、家から原付でアクセスする。
 ザックは荷台にセットオン。すっかり夜の開けきった中を行く。セブン川東店で持ってきた弁当の朝食。一路、奥胎内へ。風倉トンネル手前でルーズな鎖による一般車両通行不可。自転車4名をぶち抜く。登山口まで荒れた箇所も無い。家から60.7km。準備をしているとまとわりつく蚋の群れ。

今回のルート
7:10 歩きだし。
                御所平ブナ林

 木の根がはりめぐらされた急登を手も使い登る。岩々した所を慎重に越す。
7:50 姫子ノ峰。
          姫子ノ峰のヒメサユリ

   水分を欲している感じのヒメシャガ

8:30 滝見場。
8:58 水場分岐。

9:55 大石山分岐。4.69km。
 頼母木小屋方面から軽装の数名パーティー。 
緩く下るとハクサンイチゲ群落。わかっているが、やはり足をとめさせる眺めだ。
 しばし それらとたわむれる。

10:38 頼母木小屋。6.07km。
小屋はごく最近、外張りが修繕されたみたいだ。

 雪堤から水の取れそうな所へ下降。思いのほか斜度があり、バックでキックしながら。
11:08 千代吉沢源頭(給水)。
 キンキンに冷たい水に入れ替える。900mlペットボトルには粉のアクエリアス。
雪と薮の境目を登ってルートに復帰。
11:24 頼母木山。6.95km。

11:57 地神北峰。7.87km。
 イイデリンドウがひとつ開いている。
12:16 地神山。8.29km。

                       頼母木川源頭部

12:44 扇の地紙。9.31km。
        ミネザクラ

                 二王子

13:10 門内岳。10.31km。

門内岳山頂から270°パノラマ動画(YouTubeへ) 

                  飯豊山       梅花皮岳

扇の地紙手前で少し右(東)の雪堤へ下って撮った ↑

14:20 地神北峰。

 頼母木小屋へ泊まるという栃木の岳人。きのうは石転びを登り、梅花皮小屋泊。
ここ頼母木小屋でザックをデポ。えぶり差往復。
いたく感動しているのをひしひしと感じ取れて、地元民として非常に嬉しく思った。

   左奥:蒜場         中央:滝沢峰

15:40 大石山分岐。15.79km。
                 アゴク峰

長距離歩行の疲れが全身を包む。何度も腰を下ろして呼吸を整える。

        いい感じのトレイル

  毎回思う ラスト休憩を姫子ノ峰で と 下っていると 数回裏切られる。 精神的にかなり堪える。
17:48 姫子ノ峰。
  御所平へ向けての急下降は慎重過ぎるほどゆっくりと足を置いていく。

18:28 登山口。20.26km。
18:44 登山口発。

  胎内スキー場まで来ると、携帯通話が可能になったので帰るコール。
  原付に1時間半以上続けて乗っていると尻が痛くなってくる。風呂に入るのをイメージしてそれから気を紛らわせる。
20:30 家着。
 残雪模様の山肌だけでも素晴らしいのに、加えて色とりどりの花々。蚋でぼこぼこにされようとも懲りずに来てしまう景観 と、思う。
6/12記

玄関にもどる