6/16 相模山
さがみやま。自分にとっての「思い入れのある山」だ。
2005の同じ時期、南寒江山から望み、いつか行ってみたいと思った。いわゆるひとつの ひとめぼれ 。
ちなみに「飯豊のバイブル」といわれた「越後の山旅.上巻」の案内紀行のトップバッターが、三面〜相模山〜以東岳 である。
1:04 家発。
  豊栄東港 I C から高速に、コンビニ休憩はさみ、、
4:21 日暮沢小屋着。 259.9km。

  車は4〜5台、ひとりが準備をしていた。この人とは竜門小屋で再会する。
  小屋の前には潤沢に水が出ている。それを詰める。
  準備していると蚊のような虫がうるさい。

今回のルート

5:00 歩きだし。
  急登過ぎず、適度な傾斜で標高を稼いで行く。

  1時間20弱で水場の看板(ゴロビツ)。
    そのあと 間もなくで ↓
    リュウキンカ

  1359点北の(ルート図の)A 地点へは、雪面を蹴り込みながら上がる。上がれば、西から北方向の山々のお出まし。

7:17 清太岩山。
  もったいないほど下る。
   ムシカリ

7:45 ユーフン山。
  主稜線が近い。
      寒江山                   以東岳

             鳥海山               月山

  主稜線手前でも雪面を蹴り込んで上がる。
8:22 竜門山手前の主稜線 T 字路。6.14km。
8:37〜9:07 竜門小屋。
 小屋前のホースからふんだんに水が流れている。
  小屋には西川山岳会の石川さんと登山口であった人の2名が歓談中。
  箸を忘れた と言うと登山口で会った人から未使用の割り箸をいただく。
  この人もすごい人で、日暮沢起点で大上戸山や以東岳を日帰りとのこと。
  道刈りや交差縦走、先週日曜の好展望などの愉しい話しを聞かせてもらい、
  体と心のエナジー満タンで小屋を辞する。

                            右奥:飯豊

10:22 北寒江山。
          ガッコ沢

  メインイベントの善六ノ池(相模池)は未だ残雪たっぷりで眠ったままだった。花の時期となればさぞ気持ちよかろう。
 1606の前衛ピークにてGPSで確認。やはり本峰はもうひとつ先か。
 笹がうるさい箇所も越えつつ。
11:15 相模山。12.31km。
  山名標柱、山名看板どちらも無く、あるのは半ば薮に隠れた三角点のみ。あいにく雲の多い山頂となったが胸はいっぱいだ。
 数メートル 腰丈の笹を分ける

12:17 北寒江山。

13:56〜14:07 竜門小屋。16.20km。 水を補給。

  栃木からのお2人

15:00〜07 ユーフン山。
15:30 清太岩山。
   ここで
 1時間あまりも長居する

 装備は3季用軽登山靴および、リングと先端キャップを外したWストック。
普通の人ならシリセードで下れるほどの傾斜。
しかし自分にとって、前を見て下るのはちゅうちょするほど怖く思えた。
登りでポイントを打った所からログ通りになぞって降りればいいようなものだが
後ろ向きでストックをぶっ刺しながら数歩下がる。
滑ったら終わり、、というような場所ではない。せいぜい薮にひっかかって止まる程度な場面。
登る時、こんな嫌な傾斜ではなかった  ように思え 安全地帯まで登り返す。
何度か下ったり登り返したりしているうちに方向感覚がおかしくなる。
コンパスを出して冷静になるよう務める。
どうにか難局を切り抜ける。

雪渓に上がる時マーキングでも施せば良かったのかもしれない。
その前にポイントで止まって、ちゃんとコンパスを出して方向確認してから降りはじめればなんのことはなかったような気がしないでもない。

17:56 車(日暮沢小屋)着。25.08km。
21:14 家着。431.1km。
行き会った人 5名。 静かな山。 
夜、車を走らせている時は気にならなかったが、高い橋脚の月山道路は走っていてあまり気持ちのいいものではない。
山自体は申し分無いがアクセスに難有りだ。
6/20記

玄関にもどる