6/29 平ヶ岳
山頂部が尖っている山は麓から、あるいは周りの山から眺めた時同定しやすい。
山頂部がなだらかな山はそこから周りの山々を眺めるのに適している。
平ヶ岳は名の示す通り後者なわけだが、期待した周りの山々の眺望は雲にさえぎられはたせなかった。
28(金)21:20 家発。
 ワンピッチでセブン魚沼湯之谷店。お湯をもらい、トイレを借り、パッキング。約30分費やす。
 20数年ぶりの奥只見湖の湖岸道路R352。
 未舗装の区間もあったような気がしたが、さすがに今は全舗装。
 一般道を100キロ以上運転してきた身にはきついカーブの続く道。
 所々、奥只見湖へと沢水が路面を洗っている。
距離30数キロを1時間以上かけて鷹ノ巣へ。
 登山口を見落とさないように注意しつつ車を進める。
日付替わって1時過ぎ登山口着。
 すでに7〜8台の車。
 車から降り、晴れていれば星がすごいのだろうなぁと空を見上げてもその片鱗もうかがわせない。
 枕と毛布は積んできたが敷き布団代わりのマット類は忘れる。
 とりあえず横になる。当然たやすくは眠りには落ちることができない。ラジオに手をのばすがこれも入らず。
 しかし横になっているだけで体は休まるものだ。
 眠りに落ちることができないと、たちまち空腹感が際立って来る。胃腸が丈夫過ぎるというのも考えものだ。3時過ぎにはマーガリンの入った黒糖バターロールをクノールのポタージュスープとともに摂っていた。

今回のルート
4:05 歩きだし。
  照明が無くても歩くことの出来る明るさの下、林道を行く。

 気温は高くないが湿度があり、刈りはらい前の草には朝露が。蒸れるのが嫌なのでスパッツを着けないでいると膝下が濡れる。
5:25 1406コル。
5:45 下台倉山。3.35km。 8分ほど休む。
  6:28(標高)1700弱で16分ほど休む。ソロ2名にパスされる。
6:55 台倉山。5.18km。

7:03 台倉清水。
7:40 白沢清水。7.29km。
  8:11 池の岳への登りの途中にて10分ほど休む。

9:00 姫池。9.45km。

9:35 平ヶ岳山頂。10.60km。

  横浜の小5 山慣れした感じだった

   ハクサンコザクラ

10:26 玉子石。12.77km。
    バックの山々と対面したかった

 山頂付近でも会った 新潟市の20才のソロ(S野氏)と話す。
彼は歩きだし、こちらは自家製おにぎりとカップラーメン。
寛いでいると、ソロ、2人連れと来るがすぐにもどる。
11:10 玉子石発。

    ティングルマ

      イワイチョウ

11:40 姫池。

      ミツバツツジ

    ムシカリ

12:25 白沢清水。
 12:45〜13:10 休む。
13:13 台倉清水。17.65km。
     会津駒から北のライン

   黒雲 近づく

13:26 台倉山。18.10km。
   シャクナゲ

 13:50 弱い雨があたりはじめる。

14:03 下台倉山。
  横浜の親子?が休憩中。

  やっと 姿を見せた 2つ耳

  通り雨は雨具を着るまでもなくあがってくれた。

15:21 車着。23.25km。
15:33 登山口発。
18:56 家着。往復292.3km。
こんなに下りやすいトレイルはなかなか無い。
距離は長いが、アップダウンが少なく、あってもまろやかだ。

蚋は多かったが、飯豊朝日のモノと比較して射してくる割合が低いと感じる。

景鶴山ってどんなんだろう ここに上がれば見れるのかなぁ と思っていたが、、

1日を通して気温が高くならずにすんだ。

ん〜 やはり 展望が得られないと 登頂感が希薄だ。
秋にもう一回 があるだろうか 。
7/4記

玄関にもどる