7/28 越後三山方面偵察
【動機】
 八海山。なぜ今の今まで未踏だったのか?それは人一倍高度感のある怖さが苦手だから。
 若かりし頃、(90年代)スキーで訪れた浦佐辺りの街から見るそのお山の美しさ。
 あるいは山を歩くようになって訪れた駒の頂からの八ツ峰。
 いずれも、いつかはあそこに行ける日が来るのだろうかと思わずにいられなかった。

当初は八海山大倉道へ行くつもりだった。神社が登山口のようなのだけれど夜中ということもあり、見つけられなかった。
 ならば駒ヶ岳のグシガハナへの取り付きでも見てこようと、思い立ち、水無川右岸の県道265を上流へと向かう。
しかし、いつのまにか西に進んでいるつもりが北へ北へ向かっていた。
車載ナビ画面と地図とGPSを照らし合わせミスに気づきUターン。
どうにか目当ての場所に辿り着く。
 拙車、後部座席の座面をはねあげ、背もたれを倒すとフラットになる。6尺にはおよばないが対角線状に斜めになれば167センチの筆者ではまっすぐになれる。今回はいつも使っているぺらんぺらんの敷き布団を積んできた。いかんせん、駐車場に辿り着いた時刻が遅過ぎた。
 気がつけば、すっかり明るくなっていた。ここ越後三山森林公園駐車場、トイレの2階が簡易宿泊設備のようではあるが施錠されて中は見ることができなかった。広い駐車場の奥は工事現場の飯場っぽい施設。
 1台車が来たが工事関係の人。また1台来た。釣りとのこと。この水無川上流部を遡るらしい。去年の8月下旬でも残雪で埋まっていたとのこと。わずかでも予備知識として頭に入った。
 

今回のルート パート1
6:13 歩きだし。

     ガボガボ

    

 オツルミズ沢 カグラ滝 サナギ滝

               7:03 

 デンジャラスなブリッジは手に負えるわけも無く Uターン。
                        顔出す 八ツ峰

 1Fトイレ使用可 2Fは未だ

 車にもどったのが 7:46。

八海山大倉道の登山口を確かめるべく移動。
「おおくらの森公園」これがまぎらわしい。ここと、県道の間にお目当ての神社があった。
八海山 大倉道 4合目半(稜線)まで

るーと
8:30 歩きだし。

              食える?

9:30
      680辺りの見晴しの良い所で大休止。

11:55 4合半(稜線)。3.87km。

2時ころもどり、沢で靴底をタワシで洗っていると雨が降り出す。車を出して大粒の雨。それもすぐに落ち着く。
 急登と言われる尾根は下りでそのキツさがわかる。
ここは地図で見るより細かく蛇行していて登りやすく感じた。
下りも然り。ごくわずかにスリップしやすい箇所はあった。
踏まれ過ぎて土がずるずるするタイプのもの。
ロープウエイの架かった今ではここを歩く人はそう多くなさそうに想像するが
明治37年の歩いた記録があるというからその年数を思えばやむなしかも。

  ゆーぱーく薬師を訪ねる。んが600円。個人的、ボーダーラインが500円なので却下。
 青雲館、前は500円のような気がしたので行ってみたけれど、ここも600円=却下。

 去年の春、新装オープンの栃尾の「おいらこの湯」 
 行ってみたらまさかの400円。泉質、館内環境も好印象であった。

 未明〜早朝であれば栃尾〜安田間は1時間、日曜夕方、福山ラヂオともにドライヴ。
5:10 家着。 大倉道登山口から片道103.6km。

玄関にもどる