9/14 大佐渡ライド
ここ最近では山への思いをおびやかすほどに大きくなっている自転車熱。
夏ころには、カキ目当てで笹川流れまで自転車で行って
帰りは輪行(前後タイヤ外し専用バッグに入れJR利用) 
などを考えてはいたがやらずじまい。
近年、初夏の佐渡の恒例行事となった「佐渡ロングライド210」。
イベントは祭りとしてのメリットも多いとは思うが
それよりも普段の佐渡を自転車で感じてみたかった。
アースセレブレイション、国際トライアスロンと過ぎて
主だった行事のない週末
芳しくない予報だったのが良い方に変わって行き「決行」。
前日金曜日に佐渡汽船にコンタクトをとり予約。

2等往復で4480円、自転車運賃無料キャンペーンなので人の分だけで良い。(通常は片道3960円)。

まぁまぁ眠れた。
6時出航なので5時前に港へ着くべく家を発つ。
沼垂(ぬったり)のローソンでお湯をもらい、明るい駐車場でパッキング。
車を載せる際は航送待機所へ向かう。今回、自転車をそのままの状態で積み込むのでそこへ。
すぐそばにきっぷ売り場がある。窓口は4〜5こあるがそれぞれ数人の列。
その列がなかなか消化しない。ひとりが切符を手にするまでがかなり時間を要する。
なんとか往復切符をもらう。
船旅のわくわく感がなんともいえず心地良い。
バリバリのロードレーサーを携えた、速水もこみちと小栗旬を足して2で割ったような にーちゃんに声をかける。
しばらくすると彼の連れ(♂、会社の後輩)もやってくる。
その後輩は昨日買ったばかりの自転車というからすごい。
これは新大生パーティー

↑と同じ 島内2泊予定

いつのまにか太陽も上がっていた

この便搭乗の自転車は10数台

かっぱえびせんを手渡し


 上陸 

今回のルート

8:45 こぎだし。
道の駅:芸能とトキの里にて

 GPSも持っているのに道を間違え、かなり遠回り。
 マツモトキヨシ真野店で野菜ジュースとパンにつける「ツナマヨ」購入。
 行動食として高い「熱量/単価」をほこる。
 ジャージの右後ろポケットに差して、坂の前などでちゅーっとするわけ。
 中山トンネルを抜け相川へ。

11:35〜ランチ休憩。
  ここまで50キロジャスト。3時間。
 ここで

 海へ近づくと、、

12:00 午後の部スタート。

12:18 南片辺トンネル通過。
 自転車乗りの間ではある程度、名の知られた「Z坂」。
 斜度的にはなんとか登れるし、わりと先が見えるのでじっくり取り組んでクリア。

 高度感はあるが200m未満

 北端エリアの大野亀、二ツ亀、弾崎辺りまではおおむね90キロ。
 アップダウンをかなり甘く見積もっていたため大きく遅れての通過となった。
 はじき野フィールドパークへ立ち寄り、アクエリアスを補給。チョコジャンボモナカも。
 東海岸を両津に向かって南下。
 予定の16:05の便へは間に合わないと悟り、その次の最終便19:30発に変更を打診。
 なんなく了承。胸をなで下ろす。
 時間的余裕ができたので、きれいなトイレのある広場へ。
 北小浦というダイビングスポットらしい。
 この時も日焼けした逆三角形の上半身をさらしたメンズが10数名。
 
 多目的トイレで不快なスメルを発している手拭いを洗い、しょっぱい顔を洗う。
 さっぱりし、芝生で日陰となっている所で横になって休む。数分でも体力が回復しているような気になった。

さて行こうか、という時
静岡ナンバーの夫婦らしきペアの男性が声をかけてくれる。
曰く、その昔同じように自転車でこの島を走ったとのこと。
彼は淡路島も走ったとのことなのだが、それが震災の半年前。
その報道も一般の人々とは違った印象で受け止めていたのかも知れない。
 
 30分ほど走って、浦川でも小休止。梨にかぶりつく。

 ↑ 「とろけるおいしさ」も補給。
 この東海岸沿いは午後も後半になると日陰になり、華やかで風光明媚な外海府を見てきた者にとってはちょっと「消化試合」的な印象。
 フェリーの時刻までは余裕があるので港近くで軽く呑むぞ、の気持ちがペダルをまわす原動力となる。
 両津が近づいた梅津川を渡る所で大きく迂回を強いられた。これは堪えた。
 市街地に入り「呑めそうな店」はないか左右をなめるように港方向に進む。
 焼肉屋があり、めぼしをつける。
 帰りの積み込み場所を確認、便をかえた為の手続きの要不要も確かめ、おみやげの売店が並ぶ通りもいちおう見て回る。
 先ほどの焼肉屋へ。期待いっぱいで店内に入るが「おひとり?ごめんなさい。おひとりは断っているんです。」
 「そりゃねーだろ!かがさ!」と言えるはずもなく、へなへなへな〜 と脱力。

 気を取り直し、フェリー乗り場近くの店へ i n 。
中ジョッキ生 \630

オーダー:串焼き5種盛り合わせ \1050

うまさ際立つビールをじっくり味わう。


 これだけでは新潟港に着くころにはハラへった〜 になりそうなので
 
ラーメン \520
 これが 好みの真ん中ストライク!

以上 【スタミナ道場 みなと】

 積み込み場へ行くと、もこみちと後輩が居て10時間ぶりの再会を喜ぶ。彼らもほぼ同じルートを走った。

 2時間半の航行、あと10分ぐらいで半分だな と思っていたら 次の瞬間「間もなく着岸します。」というアナウンスが聞こえてきて我に帰った。

 車にもどり、前輪を外して車内へ積み込む。駐車料金は佐渡汽船利用者は24時間800円也。

 土曜の夜10時台ではまだ交通量が多い。それでもスムーズな流れで11時前には帰宅。

 振り返ってみれば、アップダウンはそんなでもない と、某所で 要らぬ情報を入手したのが良くなかった。 
距離は123キロほどで、8時間を費やしている。 平均15キロとなる。 

天候が安定している日の風向きは
おおむね午前が南からで午後は北風となるパターンが多いと思って今回のような時計回りとした。
風については恩恵も抵抗も受けた感じはしなかった。
しかし直前のチェックは必須と思う。

交通量と路面の痛みが少ないのが快適に走ることができた要因と思う。
あと、風光明媚なポイントでも車であったら駐車スペースが無くやむをえず通過、、というシチュエーションが数回あった。
そんなポイントでも自転車なら脇に立てかけて気兼ねなくシーンを切り取れた。

春先の花も絶賛されるが、個人的趣味でオオミスミソウ関係にはなぜか多くの人が言うほど惹かれない というのが正直な感想。

日脚の長い新緑の頃などまた違った印象になりそうに考える。
その時期には(こちらの)山もまた最も輝くので悩ましいところではある。
 
9/16記

玄関にもどる