10/14 谷川岳
日本海側と太平洋側、二つの異質な気候、文化のせめぎあうライン。上越国境。
なかなか終日好天とはなりにくいようだ。
いつつっこむかねらいつつも時は流れ続けた。
そして機は熟した。
最近歩いた岳友にいろいろと訊く。
2:12 家発。
玄関を開けて見上げれば今年一番の星空。
いつものルートで南下。
浦佐駅前、角さん銅像向かいのセブンへ。
持参のごはん、カレーを温めてもらい朝食。パッキング。30分。
5:28 登山口着。141.8km。

今回のルート
6:10 茂倉岳登山口発。

 車道をたたたっと、万太郎谷へ下り橋を渡って登り返す。一生懸命歩いて40分。ウォームアップ完了。登り支度を整え、、
7:00 吾策新道入口。 3.07km。
 いわゆる、「あんまり下りに使いたくねぇ」尾根。ずるずるするタイプ。980ほどで杉が終わると路面も良くなる。と、油断していたら1150辺りでずるずるアゲイン。
 

          8:21 舟窪から足拍子岳?

 上で泊まって下りてきたソロと話す。新発田の男性。昨日は強風だったとのこと。
8:51 大ベタテノ頭。
 少し進んで小休止(15分)。

  今日は一日晴れるだろうとうぬぼれていたのが恥ずかしくなるように青空の占有率が下がるのは速かった。
  
  先ず、風が強まる。雲の中に入ったのか視界は閉ざされる。
 風をしのげる所まで行って身を低くしてやり過ごしたり。
 ソロの若い沢屋も休んでいた。太いロープとでかいザック。千葉からとのこと。

   10:17

10:34 分岐。7.54km。
10:38 万太郎山。
 360°パノラマを撮りたかったが、視界は無い。
 分岐へもどって雨具の上だけ着る。風による寒さ対策。フリースのヘアバンドも。

 自然と小走りになるようなゆるやかな下りのトレイル。

  60代くらいだろうか、トレールランナー2名と交差。専用だとは思うがサンダルのような足もとであった。

 大障子ノ頭。小障子ノ頭。オジカ沢ノ頭。と、越えて
12:40〜13:05 小休止。

 中ゴー尾根接続点を過ぎ、
13:50 肩の小屋。12.99km。
  老若男女いろどりみどり。
13:57 トマの耳。

        ブロッケン

          非対称山稜

 一ノ倉岳と 茂倉岳は遠望した時はなだらかな起伏に見えたが、実際は堪えるアップダウン。
15:15 茂倉岳。

  今まで通ってきた避難小屋はいづれもコンパクトだったけれど、ここは1階のみながらもまぁまぁ広い。

16:20 矢場ノ頭。
 暗くなる前にヘッドランプをセット。そして暗闇へ。山道具屋で売っているライトではない高くない物だが、まぁまぁ明るく照射範囲も必要十分。女子1名含む3人パーティーと会う。こちらのルートを話すと驚いていたが、もっと人間ばなれした山行する人もいますよと言っておく。
18:00 茂倉岳登山口着。 21.08km。
出発時刻/高度: 6:10/ 683m 到着時刻/高度: 18:00 / 684m
合計時間: 11時間50分(休憩含む) 合計距離: 21.08km
最高点の標高: 1956m 最低点の標高: 633m
累積標高(上り): 2122m 累積標高(下り): 2108m
21:10 家着。往復283km。 @154/L
歩いてみて  想像よりも良かった。天候にもそんなに裏切られなかったからとは思うが。

最近出た山雑誌で、蓬峠と 茂倉新道をからめたルートが紹介されていた。
馬蹄形とか絶壁を東から見たりとか、、まぁ  歩きたいルートは尽きないわけではある。
10/17記

玄関にもどる