10/19 摩耶山
 前から気にはなっていた山。登山口まで遠いのと、急峻な山=怖そう という先入観から未踏のままだった。

 しかし最近、知人が最近行った記録を見たことで 導火線に着火したかの如く行こうと思い立つ。
 
4:33 家発。
水原、新発田、岩船でR345へ。村上でコンビニ休憩15分。

ぶどう山塊で遮られ日が射すのが遅い笹川流れでカメラ片手に20分ほど。
7:42 摩耶山越沢登山口着。128.8km。

 登山口付近のスペースに4〜5台おけるし、奥にはさらに広いスペースがある。すでに4台ほど停めてある。準備している間にも数台やってきた。

今回のルート
8:07 歩きだし。

 帰りには板が渡してあった セト橋

 道が不鮮明になりルートミス。後続のパーティーも追随させてしまう。このパーティーには山頂で会えたので釈明できた。

                    8:35

   ちょっと薮っぽくなる

  足場も難あり

  ここは上から来るとまっすぐ行ってしまいそう

   本当は中尾根を登りたかったのだけれど、ここはここで面白かった。(怖くもあった)。
                10:00

          10:23

10:52 六体地蔵。
  摩耶奥の宮、そこから 鞍部へ下って  鑓ヶ峰(中の山)へ取り付く。
    ステップもしっかりしていてつかむ木々も苦労せず、登りやすく感じた。
11:00 鑓ヶ峰(中の山)。
                     月山

           奥摩耶(南東)方向

 山頂(三角点あり) 声をかけられ 手を振る

 腰を落としステップを確認しつつ、両脇の木々をつかみながら一歩一歩下降。
11:30 摩耶山。3.96km。

                   鳥海山

 声をかけてくれたのは
ルートミスを追随させてしまったパーティーの1人だった。
彼女らは酒田からだと言う。
よろず山話しで盛り上がる。

一方
やや若いと見受けられる男性3名パーティーは仙台からとのこと。
セルフタイマーでそろってジャンプしているショットを撮っていた。

           多過ぎ

12:50 山頂発。

14:10 登山口着。7.58km。
東側の倉谷を起点とするコースはかなり上級者向けのコースとなっているようだ。
そちらへ行くには鶴岡へ行って南下して、以東岳登山口の泡滝ダムへ向かう手前。
そちらへ行く気はというと、今現在は極めて低い。
摩耶山は初級ハイカーからエキスパートまでを受け入れてくれる希有な山と言えるだろう。

月山、鳥海山を知らぬ筆者にとっての最北の山は以東岳であったが、今回
摩耶山に更新された。

 日本国登山口のある小俣集落のにゃごにゃご

15:07〜44 ゆり花館。350円。
  露天風呂では日本海に沈む夕陽の素晴らしさについて語りあう新潟市バイカーと地元の古老。そこへちょっとからむ。

帰路も日沿道には乗らず往路をトレース。きらきら光る海とともに。
この日の笹川流れ界隈の素晴らしさはブログ「それいけとーちゃん」を参照されたし。

東港の火力発電所の鉄塔が海の真ん中から突き出ているように見えるのがミステリアス。

通勤時間に重なるが郊外の郊外なのでいらつくことなく、、
18:16 家着。往復256.4km。
10/25記

玄関にもどる