1/3 砥沢峰
 毎年、正月3日の粟は加茂山岳会さんが入るのでそれなりの入山が見込める。
風雪強い などの予報では突っ込もうとは思えないが、
くもりかつ、風も強くないとなれば行くしかあるまい。
冬期除雪端へは7時過ぎに着く。すでに5〜6台有り、
加茂山岳会の女性から飴をいただく。
ワカンとスノーシュー、両方もって来たがスタートはスノーシューにする。

今回のルート
7:40 歩きだし。
 ここまで来るさいに温度表示がマイナス2℃となっていたのでクラストしているかと思えば、意外と沈む場面もあった。
 30分ほどで無雪期の登山口「第2貯水池」へ。堰堤の上の雪はまだ少なく、恐ろしくなるには至っていない。小さな沢を跨いで少し進み、斜面に取り付く。急登に苦労しつつ、先行者は2〜3名か?その踏み跡のおかげでなんとか登る。
 3合目下の梯子は雪の下。
8:58 3合目。

9:40 大栃平。

10:27 粟庭の頭(6合目)。
 粟庭の頭からの下りがスノーシューでは怖く思えたのでワカンに換える。

11:01 小屋.7合目。

11:23 小屋発。

11:44 粟庭の頭。
12:03 大栃平。

12:22 3合目。

13:29 車着。

玄関にもどる